本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「折れる力 流されたほうがうまくいく」吉田 照幸

(2017年1月11日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

折れる力 流されたほうがうまくいく (SB新書)

【私の評価】★★★★☆(84点)


■NHKで「あまちゃん」の
 演出を担当した
 吉田さんの一冊です。


 吉田さんは、もともと
 自分の意見を通すために
 怒鳴る人だったそうです。


 怒鳴るのではなく、
 相手の意見を聞くようになったら
 大きな仕事に恵まれる
ように
 なったらしい。


・吉田さんが一度も怒鳴らなかったことに
 驚きました。・・また怒鳴られると
 憂鬱でしかたがなかったんですよね(p106)


■相手の意見を採用する。
 自分の意見を「折る」ことで、
 「個性がある」と言われる
 ようになりました。


 衆知を集めるようになったら
 作品も良くなり、
 周囲に認められるように
 なったのです。


 知恵のある人とは、
 人の知恵を活用する知恵を
 持っている人なのですね。


・成功する人は、色んな人の力を借りたり、
 巻き込んだり
していって、
 それを自分の作るものに集約していきます(p89)


■どこまで自分の意見を通すのか、
 どこまで相手に任せるのか。
 管理職なら悩むことだと思います。


 自分のやれることに限界がある以上、
 部下の能力を引き出す人が
 うまくいくのでしょう。


 吉田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「折る」前に一回棒は立てます
 僕なら、当初考えた「こうしたい」
 という思いは失わないようにします・・
 それを実現する方法までは
 自分のやり方にこだわりません(p175)


・想定した大道具が使えない!
 だからいいシーンが撮れた(p42)


・「制約」があるからこそ、
 おもしろいものを作れる(p50)


・相手を褒めたり認めたりするような嘘は、
 どんどんついたらいいと思うんです(p118)


・不思議なことに、こちらがよかれと思って
 やったことによって、反転してしまうんです。
 嫌われなくないと思ってとる行動が、
 得てして嫌われてしまう
結果になりやすい(p131)


折れる力 流されたほうがうまくいく (SB新書)
折れる力 流されたほうがうまくいく (SB新書)
posted with Amazonアソシエイト at 17.01.10
吉田 照幸
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 1,703

【私の評価】★★★★☆(84点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

1章 折れる力がなぜ必要か
2章 「環境」に折れると、おもしろいアイデアが出てくる
3章 「他人」に折れると、意見も通りやすくなる
4章 「自分」に折れると、未来につながる仕事ができる
5章 それでもやっぱり折れてはいけないこと


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: