「ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話」藤田 大雪

| コメント(0) |

ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■ソクラテスが現代にタイプスリップしたら、
 若者にどんなアドバイスを
 するのだろう?


 そんな想定で書かれた一冊です。


 自分を良く見せようとする
 若者へのアドバイスが面白い。


 「見せかけの健康」と「本当の健康」
 どちらがいいか?
 と質問しています。


 答えは、
 「本当の健康」でしょう。


 そうであるとすれば、
 自分を良く見せて、
 「見せかけの自分」を作り上げ、
 彼女や親友を獲得したとしても
 それは最善ではない、
 ということです。


・本当の友達がほしければ、
 まず自分の欠点を認めて、
 それを変える努力をしなきゃいけない。
 そうすれば、キミも善い友人関係を築く
 資格のある人間になって、
 いつか善い友達を持てる日がくるだろう(p59)


■その一方で、考えすぎるのも
 考え物です。


 論理的に考えると、
 相手の不合理な部分を
 指摘することになるかもしれません。


 その結果、敵を増やしてしまう。


 また、論理的に考えると、
 変な結論に到達する可能性もある。


 特に古代に生きたソクラテスは、
 限られた知識のなかで
 自分で考え続けたので、
 苦労したのだと思います。


・人生を生きるうえで大切な指針は、
 自分をごまかさない、
 他人におもねらない、
 どんなときも最善を尽くす
 この3つだ(p138)


■ソクラテスに興味が出てきました。


 こうした人たちが、
 欧米人の論理性を作って
 きたのかもしれない。


 もう少し情報収集してみます。


 藤田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・食べ物が欠けている
  ⇒食欲が生じる・・
 相手が自分のものではない
  ⇒恋の欲求が高まる(p87)


・自分にとって真に価値があると思えるものを
 見つけて、そこへ向かってまっすぐに
 突き進んでいくことだ。
 それができれば、キミはきっと
 恋に値する人間になれるはずだよ(p97)


・考えるべき問題は、自分は結婚を通じて
 相手を幸せにできるのかということであって、
 結婚が自分に何をもたらすかという
 ことではないんだ(p220)


・人間の値打ちは何を愛し求めるかによって
 決まるんだよ。・・
 お金の魔力にとらわれた人は、心が狭く、
 お金以上の価値を信じられない人間になる(p172)


・友達とは『自分を成長させるもの』だった・・
 イカくんが人を成長させるものであることにも、
 ぼくたちは同意していた。そうだよね?
 議論を総合すると、イカくんはキミを成長させる
 ものである以上、キミの友達でもある(p37)


ソクラテスに聞いてみた 人生を自分のものにするための5つの対話
藤田 大雪
日本実業出版社
売り上げランキング: 22,192

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■目次

第1章 友達―どうしたら「本当の友達」はできるのか?
第2章 恋愛―「モテる人」は何がちがうのか?
第3章 仕事―どうすれば「やりがいのある仕事」に就けるのか?
第4章 お金―お金との「ちょうどいい距離」とは?
第5章 結婚―結婚は「コスパ」が悪い?


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村

blogranking.png
人気ブログランキングへ


■目次

第1章 よくある科学への思い込み
第2章 利害と科学情報の関係性
第3章 科学問題は2択クイズじゃない
第4章 コンテクストと選択
第5章 偶然と因果関係との境界線
第6章 特殊か普遍か
第7章 数字のトリック
第8章 社会における科学
第9章 情報の落とし穴
結び 本書で紹介した知恵20箇条



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)