本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人」加藤 鉱

(2015年12月 7日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人


【私の評価】★★★★★(93点)


■中国は法治国家ではなく、
 人治国家だという。


 そのため、
 中国に進出した企業は、
 どこも苦戦しているらしい。


 そうした実話に沿った
 ストーリーを通して
 現地の実情を教えてくれる一冊です。


韓国、台湾企業のトップは夜逃げすることを恥じない。日本企業は看板が大きすぎて身動きがとれないことから地方政府の標的にされがちなのだ(p265)


■中国では、公私混同が当たり前。
 そうでなければ中国人ではない。


 中国人は会社ではなく、
 利害と人間関係で
 繋がっているのです。


 騙されることを前提に、
 対応策を準備して
 相手と契約しなくてはならない。


 そうしなければ、
 「騙されるやつが悪い
 と言われるだけなのです。


・おのれの処理能力も考えずに軽々しく賄賂を受け取ったりするような地方役人など絶対に信じてはいけない。少し考えてみればいい、と千住は思うのだ。安易に不正を引き受けてしまうようなチンピラ役人に当局の手入れが入ったらどうなるのかを(p12)


■言葉ではわかっても、
 日本人には本当の意味で
 中国人のことが分かるはずもない、
 と感じる一冊でした。


 体験した人しか、
 わからないのでしょう。


 加藤さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・融資が決まった時点で彼がすべきは、その紹介者である共産党指導部の人間に融資額の二割、この場合には2000万元を謝礼として渡す。・・実際にこの融資に応じた国有銀行の幹部に一割、1000万元を渡す。続いて、残り7000万元のうち2000万元を自分のものにして、海外の口座に預金する(p178)


・僕の経験では、即金と言いながら、きょうは金を払えないという人間は『100%』騙すつもりで発注してくる(p210)


・何度も千住から諭されたのが、コンファーム(確認)の重要性であった。「・・溝ができるのは、コンファームが不十分だからだ。しつこいくらいのコンファームでちょうどいいんだぞ」(p205)


・まずは出会いがあり、互いに品定めする時間が必要だ。最初は相手が千住の棲み家に入り浸ることになるのだが、本当に打ち解けた場合には、相手は必ず千住を自宅に呼ぶ(p47)


・概して中国人は老若男女を問わず、小金が貯まると、対象が何であれ、闇雲に金儲けに走り出すところがある(p36)


・東南アジアの途上国の名士になった人たちには、ひとつの成功パターンが見られる。まずは農産物の輸出でひとやま当てるのだ。それも、冷凍ができて付加価値の高いものを輸出するルートを獲得できたものだけが成功を収めた。そして成功者たちが農産物の次に手を染めるのが、ほぼ例外なく中古車なのである(p128)


▼引用は、この本からです。

大班 世界最大のマフィア・中国共産党を手玉にとった日本人
加藤 鉱
集英社
売り上げランキング: 12,641


【私の評価】★★★★★(93点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 公私混同しなければ中国人ではない(一九九二年)
第2章 脱税物販ビジネス(一九八八年)
第3章 幇の恐怖(一九九四年)
第4章 三つ子の魂百まで(一九九一年)
第5章 「関係」の移転(一九九六年)
第6章 チャイナ・オペレーション(二〇〇一年)
第7章 反日デモ(二〇一二年)
第8章 それから(二〇一五年)


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: