本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「心に毒を持つ人たち あなたを傷つける「困った人」から身を守る方法」ベルナルド・スタマテアス

本のソムリエ 2015/10/28メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

心に毒を持つ人たち あなたを傷つける「困った人」から身を守る方法


【私の評価】★★★★☆(81点)


要約と感想レビュー

■アメリカにも日本にも、
 責める人がいれば、
 責められる人がいます。


 ボケと突っ込みのようなものですが、
 ボケを好きでやっている人は、
 あまりいないのではないでしょうか。


 そのかわり
 好きで突っ込みをやっている人は
 多いように思います。


・有毒人間・・わたしたちの言葉や行動をひたすら批評しつづけるのです・・・彼らは他人が犯すミスは何でも知っているかもしれませんが、自分自身が犯している過ちについては念頭にないのです(p6)


■仕事で上司の立場だとすると、
 指導しているのか、
 困らせているのか、
 判断が難しいところがあります。


 なぜなら、困ったほうが、
 人は成長する
からです。


 しかし、仕事以外では、
 困らないほうがいい。


 「なに言ってるんだ」と
 お互いが言える関係でなければ、
 良い関係でない可能性があります。


 いわゆる自虐的な関係に
 なっている可能性があるのです。


・人を殺す言葉・・侮辱や虐待を受けると、「言われたことは、ある程度、真実なのでは?」と心に疑問が浮かびます。自分自身の信念や行動よりも中傷する人の言動を信頼するようになります。不当に操られ、自らの心を害するようになってしまっているからです(p54)


■仕事において、仕事以外においても、
 とにかく相手の批判できる点を
 探している人がいます。


 基本的には、そうした毒気のある人には
 近づかないほうがいい


 なぜなら、
 自分が失敗したら責められ、
 相手が失敗したら笑って
 すまされるだけだからです。


 スタマテアスさん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・あなたの言葉や行動がほかの人を不愉快にしている、という主張はうそです。これもまた操縦の一環なのです。いかなる感情を抱き、他人の言葉をどのように評価し、どんな反応をするかは、その当人しだいです(p22)


・彼らは次のような言葉を放ちます。
 ・何のために、そう必死になるのか?
 ・きみがその夢を達成したいと思うのは、いったい何のためなのか?・・
 ・今はきみの出番ではない。きみの出る幕じゃないんだ。
 ・これ以上やって、何になるんだ?(p212)


・中傷する人はいつも自分の味方を増やそうと試みます。人との会話の中で、あなたへの反感をまわりに感染させていくのです・・あなたに嫌がらせをする人も、中傷する人も、あらゆる手を使って、あなたの計画をことごとく邪魔しようとしてくるでしょう。(p40)


・中傷する人の目的は、相手の自己評価を思いのままに操り、無能だと感じるように仕向けることであり、そうすることで自分たちが輝かしい中心人物になれると思っている(p45)


・彼らの計画や目的にとってあなたが有用であるうちは友好的かもしれないが、彼らの要求を拒絶すれば攻撃に転じる(p98)


・有毒人間は退け、変革や挑戦に対して積極的で、絶えず進歩していくことを目指す人とだけつきあうようにしましょう(p111)


・自己犠牲は美徳ではありません。それは、自分自身の人生に対して逆に害を及ぼす行為なのです。自分を後回しにし、ある究極的な目的のために犠牲となって自己を放棄することは、自分自身の本来の生きる目的を認識せず、自分のものでない人生を生きることを意味します(p22)


・有毒人間たちとの接し方においては、彼らに態度を改めさせようとは、けっしてしないようにすることです。自ら変わろうとする人しか、変わることはありえません。あなたにできる最良策は、この種の人とのかかわりあいをできるかぎり避けることです(p213)


▼引用は下記の書籍からです。

心に毒を持つ人たち あなたを傷つける「困った人」から身を守る方法
ベルナルド・スタマテアス
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 274,637


【私の評価】★★★★☆(81点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


目次

はじめに 心に毒を持つ人たちを近づけないために
1 罪悪感を植えつける人
2 ねたみ深い人
3 中傷する人
4 攻撃的な人
5 自分を偽る人
6 倫理感が壊れている人


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: