「少年日本史」平泉澄

|

少年日本史

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■古事記から平安、江戸、明治維新、大東亜戦争と
 日本の歴史をおおまかにたどる大書です。


 すべての漢字にルビがふってあるのが、
 読みやすい。


 歴史を学ぶのは大切だと思います。


 平泉さん、
 良い本をありがとうございました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・奈良時代には、大野東人という豪傑が、
 東北の反乱を討って、多賀城を築き、
 之を根拠地として治めました。
 多賀城は、仙台の東北、塩釜の近くにあって、
 非常に雄大な規模をもっています。
 その東人や、苅田麻呂の努力にも拘わらず、
 東北には、またしても反乱が起り、
 重要な官吏が殺されるという不祥事が続出しました。
 そこで桓武天応は、苅田麻呂の子、坂上田村麻呂を
 起用して、征伐に向かわせたのです(p168)


・薩摩の大久保利通、西郷隆盛、長州の廣澤眞臣、
 品川彌二郎等は断然統幕を主張しました。
 同じく大改革を考えて、之と連絡を取る者に、
 土佐藩と安藝藩とがありましたが、是等は
 武力討伐よりも和平解決を主としました(p638)


・幕府の廃止を喜ばす、之を薩長の我儘なる振舞と
 考えて、憤る者、江戸に於いても、関東各地に於いても、
 奥羽地方に於いても、兵を挙げて反抗を試みました。
 然し、前将軍慶喜が、すでに恭順に徹底している以上、
 そららの抵抗は次々に鎮圧せられました(p642)


・当時の韓国には、数多くの弊害がありました。
 その一つは頑固に鎖国主義をとって、
 世界情勢に盲目である点、今一つは清国の
 勢力を過信して、その属国となろうとする点、
 その二点が特に重大でした(p666)


・昭和六年、満洲では、二百人の朝鮮出身農民が
 萬寶山で暴行を受け、中村大尉が支那兵によって
 殺されるなどの事件が頻りに起った後、
 九月十八日奉天郊外の柳條溝に於いて、
 鉄道爆破があり、それをきっかけとして、
 戦いが始まりました・・(p687)


少年日本史
少年日本史
posted with amazlet at 15.08.17
平泉澄
皇學館大学出版部
売り上げランキング: 194,620

【私の評価】★★★☆☆(70点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)