「雑談力がアップする「ひと言」の魔法」水橋史希子

|

雑談力がアップする「ひと言」の魔法

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■JALのチーフパーサーが教える
 言葉の種まきです。


 「言葉の種まき」とは、
 ちょっと声をかけること。


 そのちょっとした一言が、
 人間関係を作っていくのです。


・どうってことない言葉の種が相手の心につながる
 「おはよう。最近順調?
 「久しぶり。元気にしてた?」(p20)


■日本人は、控えめですので、
 なかなか声をかけにくい。


 それでも、
 最初のきっかけくらい作れば、
 あとは相手の話を聴いていればいい。


 ちょっとなら、
 あなたでもできるかも。


 自分でもできるかも
 しれません。


・自分は話下手だからなあ、という方こそ、
 言葉の種まきにトライしていただきたいのです。
 なぜかというと、話下手だからこそ
 相手の話を引き出すことができるからです(p201)


■人柄というものは、
 なんとなく分かってしまうものです。


 そのためにも一言声を
 かけたいものです。

 そうすることで、
 ちょっとだけ人間力が高まり、
 魅力が増すのでしょう。


 水橋さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「ひと言プラス」・・・
 ・こんにちは+「今日はどちらからいらっしゃいましたか?」
 ・おはようございます+「今日は冷え込みましたね」
 ・はじめまして+「めずらしいお名前ですね(p53)


・一緒にいる人のコンディションを必要に応じて
 気にしてあげることは気配りの一つとして大切です。
 「寒くない?」「暑くない?」「おなかすいてない?
 「電車の時間は大丈夫?」「明日は早いの?」(p87)


・「自分がいいたいこと」をぐっとこらえる・・
 ×「あれ?今日はちょっとお疲れ気味?」
 ○「最近、仕事が忙しい?」(p103)


・会話のコミュニケーションではまず
 「そうですね」で共感する(p162)


・「少々お待ちください」の代わりに 
 「かしこまりました。すぐお持ちします」(p107)


・「スミマセン」を「ありがとう」に変えよう(p110)


・私自身が上司にかけられた言葉で一番嬉しかったのは
 「いつも見えないところでみんなを
  支えてくれているよね」でした(p86)


雑談力がアップする「ひと言」の魔法
水橋史希子
ぱる出版
売り上げランキング: 1,314

【私の評価】★★★☆☆(79点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

第1章 ひと手間の「言葉の種」が、人間関係を良好にする
第2章 「天気の話」にも大切な意味がある
第3章 「がんばってください! 」はNGワード
第4章 言葉の種まきはチーム力を上げ、トラブルを防ぐ
第5章 あなたの印象度をワンランク上げるテクニック
第6章 事実はひとつ、解釈は無数


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)