「TEDスピーカーに学ぶ「伝える力」 魂を揺さぶるプレゼンテーション」BLACK

|

TEDスピーカーに学ぶ「伝える力」 魂を揺さぶるプレゼンテーション (角川フォレスタ)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■大学一年生のとき、
 ヨーヨー世界大会で優勝。


 その後、
 シルク・ドゥ・ソレイユの
 オーディションに合格し、
 世界を飛び回るヨーヨープロパフォーマー。


 こうした経歴を見ると、
 素晴らしい人生を歩んできたようですが、
 実は、相当悩んでいたようです。


・採点競技においては、「審査員から
 より高い加点を得た選手が勝つ」のです・・・
 難易度が高く『見える』技を構成に取り入れよう(p48)


■なぜなら、ヨーヨーで食べていけるとは
 だれも思わないからです。


 一度は就職したものの、
 「やはりヨーヨーがやりたい!
 という気持ちを抑えることはできませんでした。


 そして、最後には、
 VIPが100万円を払って参加する
 TEDスピーカーに選ばれたのです。


・TEDに聴衆として参加するには、
 参加費として約100万円が必要です。
 年会費が約75万円と、
 当日5日間の入場料約25万円です(p18)


■ヨーヨーもそうですが、
 スピーチも練習だとわかりました。


 ただ、念入りに準備をする。


 簡単に聞こえますが、
 それが大事なのですね。


 BLACKさん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・TEDという空間は、
 「一年で唯一、自分と志を同じくする
 仲間に会える同窓会」であり、
 TEDトークという最高の
 「世の中を良くするためのヒント」
 を聞いた上で、そのヒントを基に、
 具体的にどう世の中を良くするかを
 仲間と議論出来る(p22)


・その場でどう振る舞うかということを考えるより前に、
 「自分は何を伝えたいのか」について
 熟考することの方が、はるかに重要です(p52)


・あのジョブズ氏は、
 5分間のプレゼンテーションのために
 何十時間をリハーサルに費やした(p100)


声の高低や声質の基準を定めておく(p109)


・緊張を消し去る方法・・・
 ひたすらリハーサルを繰り返す以外に
 方法はありません(p124)


・TEDでのプレゼンテーションに向けては、
 外国人の友人にスピーチ原稿を音読してもらい、
 それを録音した物を移動中などに
 何百回と聞き込みました(p125)


・司会者の方からの紹介について、
 入念に打ち合わせをしておく(p143)


【私の評価】★★★☆☆(78点)

■目次

第1章 TEDの正体―TEDとは、講演会"ではない"
第2章 伝わるプレゼン:目的編―詐欺師になるな
第3章 伝わるプレゼン:内容編―聞き手の立場に立って分かりやすく
第4章 伝わるプレゼン:リハーサル編―練習は凡人をカリスマに変える
第5章 伝わるプレゼン:本番編―あとは波に乗るだけ
第6章 TEDスピーカーになるには―心の底に住む本当の自分と向き合う


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ32.png
にほんブログ村

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)