「ビッグイシューの挑戦」佐野 章二

|

ビッグイシューの挑戦

【私の評価】★★★★☆(83点)


■仙台駅前でも売っている雑誌「ビッグイシュー」。


 どんな仕組みになっているんだろうな、
 と思っていましたが、この本でわかりました。


 月2回発行で販売部数四万部。


 一部350円で、180円が
 販売者であるホームレスの取り分。


 ホームレスの販売者が、この雑誌を売ることで、
 泊まる場所を確保できるようにする。


 最終的には、ホームレスが就職できるように
 支援活動をしているのです。


・まず始めに10冊の雑誌を無料で支給される。
 10冊をすべてを売り切れば、2000円の収入になる。
 その2000円を元手に、一冊90円で雑誌を仕入れる。
 それを再び定価の200円で販売すれば、
 一冊につき110円の収入が販売者のものとなる(p13)

(現在は350円のうち180円が販売者のもの


■もともとはロンドンで、
 仕事がないホームレスに「雑誌販売」の仕事を提供する
 というコンセプトで始まったのです。


 チャリティではなくビジネスで。


 日本版ビッグイシューの立ち上げは、
 シチズンワークスの水越洋子さんが
 「やりたい!」と声を上げたようです。


 こうした人助け活動は、
 「ビッグイシュー」の購読者の七割が女性というように、
 女性の興味を引くのでしょうか。


・雑誌「ビッグイシュー」が、イギリスのロンドンで
 創刊されたのは1991年のことだった。
 創始者はゴードン・ロディックとジョン・バード(p17)


■ロサンゼルスでの「ビッグイシュー」は、
 事業として失敗しているので、
 リスクは高かったと思います。


 日本でこうしたビジネスを立ち上げた
 著者もすごいですが、
 ロンドンで最初に立ち上げた人はもっとすごい。


 こうした冒険家精神、チャリティ精神は、
 欧米のほうに一日の長があると感じました。


 佐野さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・大阪であれば、いやるる「ドヤ」があるので、
 一泊一畳半の部屋なら500円で泊まることができる。・・・
 1000円出せば三畳の部屋が確保でき・・・
 1500円くらいからネットカフェがある(p16)


・欧米における「ホームレス」の定義は、
 「固定した住居を持たない人、または、
 それを失うおそれのある人」・・・
 ネットカフェで寝泊まりしている人も・・
 すべてが「ホームレス」となる・・(p130)


・ホームレスの人たちの仕事の大半は廃品回収業である。
 アルミ缶を集めたり、古紙回収をしたり。
 収集作業は夜、街が寝静まった頃に開始される(p135)


・一ヵ月以上販売した販売者や約四割である・・・
 それが高いか低いかは別として、僕らの方針は常に
 「来るものは拒まず、去るものは追わず」である(p152)


・最高記録は、今でも誰にも破られていない・・207冊!・・
 通常、一日の売り上げ平均は20冊から25冊なのだ(p158)


・メル・ヤングは、僕らに「一日16時間、週に七日働け!」と
 指導したが、本家ロンドン版のジョン・バードは
 しっかりと休憩を要求する愛すべき男でもあった・・・
 彼らは朝食と昼食の合間には「十時のお茶」で休憩し、
 午後は午後で「三時のお茶」を取ることを
 正当な権利だと思っている(p226)


・毎年1000万円単位での損失を出していった・・・
 創刊号が四万部、二号、三号も、五万部売れた・・・
 八万部に達したのだ。ところが、それがピークだった。
 2004年8月には四万部にまで落ち込んでしまったのだ・・
 2007年10月、僕は一冊300円への値上げを了承した(p194)


・創刊後四年間、「ビッグイシュー」は市民ボランティア
 という形で、金銭的な支援を一般の人々から受け付けた。
 一年につき一人一口五万円の「市民パトロン制度」には、
 100人が登録し、一人一口一万五千円の発行継続寄付には
 400人の人が参加してくれた(p270)


・「若年層のホームレス」は、このまま放っておけば、
 遠くない将来、自殺かクスリか犯罪のいずれかに
 取り込まれていってしまうのでは、と僕は不安でたまらない。
 すでに欧米ではそうなってしまっているように。(p186)


ビッグイシューの挑戦
佐野 章二
講談社
売り上げランキング: 357,099

【私の評価】★★★★☆(83点)

■目次

第1章 「百パーセント失敗する」事業への挑戦
第2章 ビジネスパートナーはホームレス
第3章 雲をもつかむ「ビッグイシュー」
第4章 「いざ、出陣!」
第5章 「ホープレス」から「ホームレス」へ
第6章 若年化するホームレス
第7章 ホームレスに歌とサッカーを!
第8章 NPOか社会的企業か
第9章 これからの「ビッグイシュー」


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png

楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)