「「ぶり返す! 「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる!」古宮 昇

| コメント(0) |

ぶり返す! 「怒り」「さびしさ」「悲しみ」は捨てられる! ~知られざる「おとなの愛情飢餓」への心理セラピー~

【私の評価】★★★★☆(82点)


■自分にちょっと自信がない・・・
 という人に向けた一冊です。


 人は過去の経験・体験から
 反応パターンを形成しています。


 否定されたときに、
 攻撃して解決した人は、
 同じ行動をしようとする。


 否定されたときに、
 自分を押し殺して解決した人は、
 また同じことをしてしまう。


 人は、プログラムされているのです。


・わたしたちは気づかないうちに、幼いころに
 身に付けた考え方、感じ方、そして人への接し方の
 パターンを、ずっと繰り返しています・・・
 親子ゲンカという形で親の関心を得ていた人は、
 おとなになってもその方法で乗り切ろうとします(p36)


■例えば上司や親から
 不条理な叱られ方をしたとしましょう。


 普通なら頭にきて、
 怒りの感情が出てくるものです。


 しかし、上司や親に怒りをぶつけたとしたら、
 逆に倍返しされる。(かも)


 そうした体験から、「私が悪いんだ」と
 思うことで整合を取ろうとする人がいます。


 本来は、悪い人はいないのです。
 私は価値がある素晴らしい人間なのです。


 失敗したら、失敗しないように
 変えればいいだけの話なのですから。


・親から拒否された、と感じたときに
 「わたしが悪い子だからいけないんだ」と解釈して、
 自己嫌悪感や自己無価値観に陥るパターンを
 身につけることがあります・・・
 怒りがわきそうになるたびに、
 瞬時、かつ自動的に「私が悪い」と解釈します(p69)


■同じような理由から「怒り」を
 表に出そうとしない人も多いのです。


 怒りを表に出すのは勇気がいりますが、
 感情を隠すよりも、
 うまく表現する工夫をしたほうがいい。


 あまり自分を偽っていると
 感情がマヒしてしまう可能性があります。


・感情をマヒさせていませんか?・・・
 怒りの感情自体が悪いわけではありません・・・
 不条理な要求を突きつけられ、人に"No"を言ったり、
 戦ったりするために必要な感情です(p61)


■最後に解決策としては、事実を素直に直視して、
 自己嫌悪に陥らずに、対応策を考えること。


 自分はそのままで価値ある人間であるという前提に、
 考えるということです。


 足りない部分があれば、
 だんだんと補っていけばいい。


 それが成長なのでしょう。


 古宮さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「お父ちゃん、お母ちゃんはわたしが何をしようが、
 わたしのことを変わらず大切に思ってくれている」
 という確信に乏しかった人は、・・・より深いところでは、
 「本音を話すと嫌われるかもしれない。絶対に
 そんな危険をおかしてはいけない」と信じています(p98)


・わたしは自分自身のことを本質的に価値の低い人間
 だと感じていて、ありのままの自分を受け容れて
 いなかったのです。そのため、「価値ある人間に
 なるために有能になろう」としていたのです(p28)


・どうすれば、幼児的で未熟な愛情飢餓を癒せるでしょうか。
 その方法の一つが、自分をいたわり、優しくすることです・・
 自分を嫌ったり拒否したりすることなく
 受け容れてあげてください。(p23)


・人見知りが激しい人がひそかに抱えている怒りの、
 もっとも根本的な源は、親から無条件に愛してもらえなかった
 ことに対する怒り・憎しみです・・・(p105)


・自分が嫌いという思いがわいたとき、
 本当は誰かに怒っていませんか?
 「もし仮に自分が怒っているとしたら、誰にだろう?」
 と考えてみましょう(p91)


・棒人形と吹き出しを描いて、吹き出しの中に、
 イライラ、モヤモヤ、罪悪感などあなたが
 感じている感情について、連想することを
 セリフとして書き出していきます(p181)


・起きた出来事についてどんな考え方や解釈をするかによって、
 抱く感情が決まります・・・「不幸せ思考」を正し、
 「現実思考」をおこなうと、つらい感情が静まります(p179)


・(例1)・・書類を忘れたOLが、「バカだわ」と
 自己嫌悪に陥る。
 (現実思考)「大切な書類を忘れたわ。同じ失敗を
 防ぐためにどうすればいいかを考えよう」(p190)


【私の評価】★★★★☆(82点)


■目次

第1部「おとなの愛情飢餓(きが)」とは何か?
1章 おとなも「愛情飢餓」を感じている!
2章 どんな「傷つき体験」を引きずっている?

第2部 ぶり返す感情への〈緊急〉対処法
3章 もうイヤ! 「すごくイライラする」
~「引きずる怒り」をまず止める!
4章 やっぱり「自分はダメ人間だ~」
~「むなしさ・悲しみ」をまず止める!
5章 「嫌われるかも! 」がグルグル回る
~「不安・クヨクヨ」をまず止める!
6章 ひたすら「求めすぎて傷ついちゃう」
~「不満・さびしさ」をまず止める!
7章 ずっと「落ち込んで動けない」
~「うつ気分」をまず止める!

第3部 つらい感情を洗い流す!
「5つのセラピー+α」


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)