「営業マンは「商品」を売るな!」加賀田 晃

|

営業マンは「商品」を売るな!

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■典型的な熱心な営業マンを学ぶ一冊です。


 まず、基本は礼儀です。


 会った瞬間に「感じがいい」と思われる
 「あいさつ」や服装、礼儀が必要です。


・礼儀の大原則(二)
 一度に二つ以上のことをしてはならない・・・
 扉を開けるなら開けてから挨拶をする。(p57)


■他の著書では
 「お客に断らせない」話し方が中心でしたが、
 この本では精神的なところを強調しています。


 楽しそうに話す、

 相手を「好き!」と思いながら話す、

 質問で誘導する、

 興奮して話す、

 という感じです。


・まずこちらが相手を好きになることです。
 自分から「好き!」という信号を発すれば、
 その好意は必ず相手に伝わって、
 相手もこちらを憎からず思うようになります(p90)


■著者の言いたいことは、

 「どうせ買うなら、君から買おう」

 と、言ってもらう方法。


 最後は、興奮して話せ、と
 言っています。


 私も、絶対おすすめの本は、
 興奮しておすすめしたいと思いました。


 加賀田さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・礼儀の大原則(四)すべての動作の移り目に0.1秒の静止・・
 こちらが名刺を取り出したとたん、
 ひったくるように受け取る人がいますね(p59)


・プロの道程・・・
 一、胸を張って速足で歩け・・・
 四、間髪入れずに質問しろ・・・
 六、一分以内に座れ・・・
 十一、クロージングは興奮しろ・・(p132)


・断られないためには、相手の意思、
 つまり「イエス」か「ノー」かを絶対に
 確認しないことです(p26)


・営業マンは、お客さまのためにその商品のメリットを教えてあげる。
 その商品を、お客のよりよい人生のため、生活のため、
 家族の平和のために売ってあげる。
 商品を売ることでお客をハッピーにしてあげる(p88)


・君が負けたら百円、
 僕が負けたら一万円というぐあいにした。・・・
 私は自分を売らざるをえない状況に追い込み、
 死にもの狂いで売りまくりました(p126)


営業マンは「商品」を売るな!
加賀田 晃
サンマーク出版
売り上げランキング: 25,971

【私の評価】★★★☆☆(74点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 営業マンに必要なのは「愛」と「情熱」である
第2章 お客に最大限の「愛」と敬意を払う――礼儀編
第3章 「話し方」次第で契約できるかどうかが決まる――話し方編
第4章 "性弱説"から生まれた「売れる原因」「売れない原因」


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)