「元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術」レオ・マルティン

| コメント(0) |

元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■元ドイツ情報局員が教える
 人の性格を分析する技術です。


 人はそれぞれ違う性格を持っています。


 それを知ったうえで付き合うことが
 大切です。


 こうした性格分析は、
 エニアグラムによる9つの分類、
 コーチングで言われる4つの分類などが
 有名ですね。


・ルーペタイプ?それとも広角レンズタイプ?・・・
 細部を把握したいタイプかそれとも概観したいタイプか(p32)


■この本では、現場の秘密捜査において、
 性格分析をどのように利用しているのか
 教えてくれます。


 いかにスパイを育成するのか。

 いかに民間人を捜査に協力させるのか。


 これは相手の性格を的確に分析し、
 その人に合ったアプローチをするから
 成功するわけです。


 単なる性格分析ではなく、
 実際の捜査をドラマ仕立てで
 経験できるのが素晴らしい。


・密出入国斡旋の罪を発端として他の犯罪に
 手を染めるグループもかなりある・・・
 稼いだカネを、武器取引や麻薬密輸といった
 犯罪に投資する(p53)


■秘密操作にドキドキしながら
 読める一冊です。


 あなたも情報局員になって
 犯罪シンジケートを検挙してみましょう。


 マルティン(偽名)さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・同一志向派が同じ部分を見るのに対して、
 変化志向派は変化や違いを見る。(p153)


・ルーティン型人間・・・果たすべき任務、行動、
 決められた手順といったものは、ルーティンに従う・・
 フレックス型の思考を乱すのは、まさにこれだ(p212)


・向かうタイプは、好きなものに惹かれる。
 逃げるタイプは、好きでないものから遠ざかりたい(p266)


元ドイツ情報局員が明かす 心を見透かす技術
レオ・マルティン
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 26,401

【私の評価】★★★☆☆(78点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

Chapter 1 人間についての洞察力―情報員の生命保険
Chapter 2 ヴェールでうまく隠せば、半分成功
Chapter 3 カップの件
Chapter 4 代替プランのためのA人材
Chapter 5 覆面捜査員ティホフ
Chapter 6 接触用アパート
Chapter 7 監視
Chapter 8 鷲の高巣と鳩舎
Chapter 9〈カップの案件〉の全国的な意味─連邦刑事局の役人
Chapter 10 クイズの解答


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)