「英語を学ぶのは40歳からがいい」菊間 ひろみ

|

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■英語には、二種類があります。


 それは受験英語と実用英語。


 この本は、実用英語を学ぼう!
 という一冊です。


 実用英語は、
 興味のあるテーマについてだけ
 勉強すればいい。


 そうすれば、楽しみながら、
 英語の力がついてくるのです。


・内容が面白ければ、もっと読みたいと思うし、
 自然と英語力もついてきます・・
 自分の興味ある英字新聞や雑誌、好きなジャンルの
 ペーパーバックを読めばいいだけです。(p28)


■英語は勉強ではなく、
 習慣です。


 週に2時間勉強するなら、
 1日20分勉強する。


 毎日、少しでも英語に触れることで、
 英語が身に付くのです。


・英語は暗記科目というよりは、スポーツやお稽古事・・・
 1週間に2時間まとめて英語を勉強するよりは、
 毎日最低20分、英語に触れる(p32)


■確かに社会人になったら、
 楽しく英語を勉強したいものです。


 海外に行って、自分に興味のあることで
 意思疎通できたら楽しいだろうな。


 そんな目的があるからこそ、
 英語がやりたくなるのでしょう。


 さらば受験英語!


 菊間さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・まずは辞書を引かずに読む(p95)


・単語だけ覚えても、読解力は伸びません。
 「はじめに単語ありき」ではなく、
 「はじめに英文ありき」なのです(p130)


・リスニング力を伸ばすポイントは、
 毎日、英語を聴いて音読することです。
 CD月の英語教材を購入し・・・(p49)


・A:May I smoke?
 B:Yes, you may./ No, you may not.
 「吸ってよろしい/吸ってはいけません」と
 上から目線の表現になり、相手に対して失礼(p176)


・You should go.は「(あなたのために)
 行ったほうがいいと思います」という意味になりますが、
 You'd better go.には「行かないと大変なことになりますよ」
 というニュアンスが含まれます(p179)


【私の評価】★★★☆☆(74点)


■目次

第1章 英語を始めるのはなぜ40歳からがいいのか
第2章 英語が飛躍的に伸びる「3つの習慣」
第3章 絶対にやってはいけない英語勉強法
第4章 日本人がもっとも間違えやすい英語表現


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)