「ビジネスについてあなたが知っていることはすべて間違っている」アラステア・ドライバーグ

|

ビジネスについてあなたが知っていることはすべて間違っている

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■イギリス人コンサルタントが教える
 普通の組織はどのようにして
 間違うのかという事例集です。


 優秀な人で構成されたまじめな組織が、
 どうして間違ってしまうのか?


 それは真面目な人ゆえに、
 間違うのです。


■利益を増やしたい。
 だから、費用を削減する。
 これは正しいことです。


 ただ、将来への投資、
 新商品への投資さえも
 削ってしまう
場合があります。


・私たちは成長するために必要な支出を削減することによって、
 成長に歯止めをかけた・・・
 採用を中止して経費削減するように、
 と私たちは言い渡された。(p108)


■また、会社全体では利益となるのに、
 一部分しか見ずに
 反利益の行動をしてしまう
場合も。


 若干の広告を打てば利益があがるのに、
 広告費を削減しようとする人。


 若干の追加費用で発電所の停止期間を短くすれば
 利益があるのに、
 費用を削減しようとする人もいるのです。


・予算がどのように機会をつぶすか・・・
 1000ポンドで広告を載せることにした。
 その効果があって、1か月で6000ポンドの売上が上がった・・・
 広告にもう1000ポンド使いたいのだが、と頼んでみた・・・
 「それは無理だ。今年のマーケティング予算は
  もう使い果たしているから
」(p134)


■営業でも、シェアを拡大するために、
 安易な安売りに走ってしまう場合もあります。


 「こんな価格では売れませんよ」
 と言いながら、安売りするのが、
 一番楽なのです。


 そんなことはありえないと
 思うかもしれませんが、
 それが現実です。


 それはシェアで営業が評価され、
 営業に価格決定権が与えられ、
 利益を評価基準としていないために起こるのです。


・報奨制度は往々にして間違ったやり方で取り入れられる・・・
 広告収入を確保するように強いプレッシャー・・・
 値引き率が大きくなっていく・・・(p220)


■やや翻訳に難があったので、
 ★3つとしましたが、
 内容はしっかりしたものです。


 ドライバーグさん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・壊れてしまったものは、修理するな(P164)


・損失を出す寄生虫・・・
 ありきたりの商品(コモディティ)になってしまっている・・・
 そもそも価格設定が間違っている・・・(p90)


・プロジェクトAは来年100万ポンドの投資を必要とし、
 120万ポンドの収益を生む。
 プロジェクトBは来年100万ポンドの投資を必要とし、
 200万ポンドの収益を生む。
 プロジェクトAはすでに500万ポンドが投資され、
 プロジェクトBにはこれまでまったくコストがかかっていない
 というようなことは重要だろうか?(p169)


・スタッフをつねに忙しくさせておくのは、
 ただ顧客に迷惑をかけるだけではない・・・
 周囲で何が起こっているかを考える時間も奪う(p195)


・ナンシー・レーガンの時間管理法・・
 1 価値の低い活動にはただノーと言う。
 2 他の人がもっとうまくできることにはただノーと言う
 3 複雑な解決方法にはただノーと言う。(p179)


ビジネスについてあなたが知っていることはすべて間違っている
アラステア・ドライバーグ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 112,500

【私の評価】★★★☆☆(79点)


■目次

1:なぜ行き詰まるのか、どうしたら抜け出せるのか
2:価格設定
3:コスト削減
4:業績評価
5:予算と事業計画
6:行動原則
7:動機づけ
8:思考について考える
9:次にすべきこと


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)