「最強の農家のつくり方」木内 博一

|

最強の農家のつくり方

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■千葉で「和郷園」という農家集団を率いる
 木内さんの一冊です。


 木内さんの目指すものは、
 農家の「自立」です。


 「自立」のためには、
 知恵と工夫が必要です。


 商品に付加価値をつけ、
 販路を拡大するのです。


・和郷園に入る前は、出荷先は農協が100%でした・・
 和郷園では木内代表が「自立」を目指していますので・・・
 和郷園経由でスーパー、加工場、生協など、
 いろいろな組織に販売先がどんどん広がっています(p178)


■面白いところでは、
 野菜のカット野菜工場でしょうか。


 スーパーで売られている野菜は、
 きれいに形がそろっていますが、
 その陰で捨てられている野菜が多いのです。


 その捨てられている規格外の野菜を
 カットしてパックにして
 販売しています。


・私たちは規格外に分類された各野菜を、切ってから
 出荷するためのカット野菜工場(カットセンター)を
 つくった。(p90)


■これ以外にも、
 野菜の冷凍工場を作ったり、
 野菜クズで堆肥を作ったり、
 創意工夫がすごいですね。


 こうした工夫をしていける農家が、
 生き残るということなのでしょう。


 食は人間が生きてくために
 大切なものですので、
 農家にはがっつり稼いでいただきたい。


 木内さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・98円くらいの価格で売られる大根の場合は、
 ほとんどが、市場から入荷した時点で葉っぱは切り落とされ、
 むき出しで売られている。そこで、私たちは「158円の大根」
 を提案する。158円の大根には、葉っぱをつけたままにして、
 一本ずつビニールの袋に入れて、きれいにラッピング(p76)


・規格外のものでも、大きさが違っていたり
 形が曲がっていたりするだけで、
 味は同じだし、安全性も同じである・・・
 実際に店頭に並べてみると、見事なほどに、
 形のきれいなものから順番に売れていく(p66)


・安売り競争が、農業を荒廃への道へと追い込み、
 いっそう食料自給率を下げている・・・
 大豆はこの先もずっと輸入に頼らざるをえなくなる。(p44)


・ホウレン草は冬が旬の作物だが、・・・
 夏にもホウレン草をつくろうとして
 必死になって取り組んでいる・・・
 旬の時期に穫れた美味しい野菜を、
 そのまま冷凍にしてしまえばいい・・・
 冷凍工場をつくった(p86)


・農業の場合は、一日休むと、
 その分の仕事ができなくなり、
 収入減につながります。
 サラリーマンの人も休みにくいでしょうけれど、
 農業はそれ以上に休みにくいんですよ(p160)


最強の農家のつくり方
木内 博一
PHP研究所
売り上げランキング: 139,064

【私の評価】★★★☆☆(76点)



■目次

第1章 なぜいま「農業ブーム」か
第2章 食のデフレは終わらない
第3章 和郷園のビジネスモデル
第4章 農業で日本は蘇る
終章 和郷園加盟の"七人の侍"農家、かく語りき


楽天ポイントを集めている方はこちら




読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへにほんブログ村 本ブログへ


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)