本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「懸命に生きる子どもたち」池間 哲郎

2011/10/14本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

懸命に生きる子どもたち


【私の評価】★★★★★(92点)


内容と感想

 「あなたの夢は何ですか。私の夢は大人になるまで生きることです」とほぼ同じ内容でした。NPOアジアチャイルドサポートで子どもたちを支援している池間さんが、日本で講演している内容を本にしたものです。


 フィリピンのゴミ捨て場でゴミを拾っている子どもたちは、貧乏の中で必死に生きているのです。しかし、なぜか涙が出てきますね。


・ゴミを拾っている子どもたちに・・・近くの公園にピクニックに行くことになりました・・・「こんなご馳走食べたことが無い」と大喜び。・・・4歳くらいの少女がトコトコと前にやってきた。・・・「お家に持って帰って、お父さん、お母さんと一緒に食べて良いですか」と答えた(p14)


 日本にいると、日本の素晴らしい点が見えないものです。お金もある、食べ物もある、家もある、水も自由も平和もあるのにです。


 逆に一歩、海外に出てみると、そうした当たり前のことがない国が存在する。それは知識で知っていても、実感を知ることは難しいのかもしれません。


・ミャンマー・・・小学校では250名余りの児童が学んでいます・・・水道がないのに気が付いた。「どのような水を飲んでいるのか」と気になり調べてみると雨水を水がめに貯めて飲んでいた。水がめを見て驚いた。真っ黒に汚れた水でした(p34)


 ハンセン病のところでは、手も足もなく「殺してくれ」と叫んでいた女性が立ち直り、老人の世話をするようになり、最後には結婚するという話がありました。感動しますね。


 最後にこの本の伝えたいことは、寄付をしてくれということではありません。あなた自身が、恵まれた日本で、一生懸命に生きてほしいということです。


・一番大切なボランティアは何か。・・・「最も大事なボランティアは自分自身が一生懸命に生きること」です。(p106)


 実際の池間さんの講演を聴きたくなりました。池間さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感したところ

・カンボジア、ミャンマー、モンゴル・・・驚くのは弟や妹を膝に抱きながら勉強している子が多いことです。お父さん、お母さんが仕事をしている時には、お兄さん、お姉さんが小さな弟や妹の面倒を見ながら勉強をする(p48)


・父親は病気で働くことは出来ない。母親は夜中に市場に出かけ段ボール箱などを集めている。家族で一番、稼いでいるのは、少年です。朝の7時にレストランにやってきて、周辺の掃除を行い、それから靴磨きが始まる。夜は10時ごろまでやっている。(p98)


・「あなたの一番欲しいものは何ですか」と聞いてみた。・・・殆どの子どもたちが同じ答えだった。「私が一番欲しいものは、 僕が一番欲しいものはお母さんです」(p103)


・皆さんの優しい心を少しだけ分けてください。100%の愛は要りません。1%だけでいいのです。私は100円が無くて失われる命を見てきました。(p105)


懸命に生きる子どもたち
懸命に生きる子どもたち
posted with Amazonアソシエイト at 17.12.31
池間 哲郎
NPO歩人アジアチャイルドサポート
売り上げランキング: 353,618


【私の評価】★★★★★(92点)



著者紹介

 池間 哲郎(いけま てつろう)・・・1954年生まれ。NGOアジアチャイルドサポート理事。JAN(ビデオ撮影・制作業)代表。沖縄大学非常勤講師。おもにアジアのスラムなどの貧困地域に撮影や支援のために足を運び、講演、写真、ビデオなどを通して伝えている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: