「菜根譚―中国古典百言百話」吉田 豊、洪 自誠

|

菜根譚―中国古典百言百話 (1) (PHP文庫)

【私の評価】★★★☆☆(71点)


■「菜根譚」といえば、
 中国の古典・名著。


 何度も読むべき一冊だと思いますし、
 私も何度も読んでいます。


 この本は、「菜根譚」から200話を
 選んで解説しています。


・書物を読むなら、その真髄にふれて、
 踊り出したくなるまでに読め、
 そうしてこそ枝葉末節にとらわれずにすむ(p160)


■「菜根譚」の良いところは、
 人生における判断基準を
 バランスよく提示してくれることです。


 謙虚が大切、
 名誉は人に与える、
 敵を作らない、


 など、当たり前のようですが、
 大切なことが書いてあるのです。


・天下に鳴りひびくほどの功績を立てても、
 それを鼻にかければ何の値うちも
 なくなってしまう(p41)


■解説が私には合わなかったようで、
 ★は3つとしましたが、
 「菜根譚」は不朽の名著でしょう。


 吉田さん、良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・人徳は主人、
 才能はその召使(p116)


・道を守って生きれば孤立する。
 だがそれは一時のことだ。
 権力にへつらえば居心地はよかろう。
 だが、そののちにくるのは永遠の孤独だ。(p24)


・君子は困難にぶつかってもたじろがないが、
 歓楽の場では慎重となる。
 権力者の前ではペコペコしないが、
 身寄りのない不幸な人には心から同情する(p164)


・成功者は、謙虚の心を養うことで
 嫉妬の害を免れることができる(p156)


・悪党や野心家を一掃するためには、
 一筋の逃げ道だけは空けておいたほうがよい。(p117)


・昔なじみの人とは、ますます新鮮な気持ちで
 交わりを深めよう・・・落ちめになった人に対しては、
 とりわけ温かく接しよう(p150)


・金は鉱石の中から得られ、
 宝玉は原石から生まれる。
 真理はやはり現実生活の中からしか
 得られない(p210)


・禅宗の言葉に
 「腹がへったら飯を食い、疲れてきたら寝てしまう」
 とある。・・・最もやさしそうなことが
 実はいちばんむずかしいのだ。(p188)


・無能をよそおって才能を隠し、 
 愚鈍とみせかけて英知をみがき、
 俗界に身を置きながら節操を守り、
 身を低くして飛躍に備える(p106)


・ものごとが下り坂となる兆候は、
 隆々たる発展の絶頂において早くも現れてくる。
 新しい成長への芽生えは、
 逆境のどん底の中から生じてくる(p107)


菜根譚―中国古典百言百話 (1) (PHP文庫)
吉田 豊 洪 自誠
PHP研究所
売り上げランキング: 239981


【私の評価】★★★☆☆(71点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)