本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「ラクをしないと成果は出ない」日垣 隆

本のソムリエ 2011/06/23メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)


【私の評価】★★★★★(91点)


要約と感想レビュー

 効率的な仕事術を「ライフハック」として紹介している人がいますが、この本こそ本物の「ライフハック」でしょう。フリーランスの作家、ジャーナリストとして生き抜いている日垣さんの仕事術です。


 効率化の基本は、やるべきことと、誰が、いつまでにといった期限を明確にすることです。これだけ決まっていれば、途中でチェックを入れれば、仕事は自然と進んでいきます。


・出された問題はすべてその場で解決の方向性と、「いつまでに」を明確にする(p106)


 この本の印象としては、3倍稼ぐ仕事術という感覚でしょうか。内容としては、書くためのインプットの効率化、意思決定の効率化が中心となっています。特に情報収集については、いかに限られた時間のなかで資料を効率的に探し、読むのかが勝負です。


 できることはできる、できないことはできない。限られた時間の中で、いかに合格点をとるのか、考え方で決まります。やはり自分で枠を決めるのが王道と理解しました。


・「必要な資料が見つかるまで、一月でも二月でもかける」という発想ではなく、「とにかく二泊三日で新しいものを見つける」・・「二泊三日で見つからないような資料は存在しないとみなす」と見切り方まで決めていたのです(p19)


 フリーランスらしく仕事の選び方にもこだわりがあるようなので、独立を目指す人にぴったりの一冊ではないでしょうか。


 日垣さん、良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

・メールの未処理は「なし」の状態にして帰宅する(p64)


・アウトプットしないものはインプットしない(p198)


・専門家になるためのインプットは青天井ではなく、300冊が目安になる・・・300という数字は、視聴率調査をするときの最低サンプル数でもあります(p49)


・沢木さんは「誘われたら断らないでいると、いろいろ良いことがあるよ」と助言してくれました(p78)


・好きな仕事を増やすために、好きではない仕事を毎年二割ずつ削除する(p126)


・人の名前を忘れやすい、約束の時間を忘れやすい、買うべきものを忘れやすい・・・そういった自分の忘れグセを把握し、フォローするシステムをつくっておくと、一生使えます。(p153)


一万円と名刺は三ヵ所に入れておく(p186)


・同じチームのなかにNGな人、つまり「説明するに値しないな」と感じられる人がいたら、ますはその人に説明する側に回ってもらうようにします(p91)


・わが家の子どもたちには「大学生になったら、アルバイトでなく自分で何かを売って毎月1万円稼がねばならない」というルールを課していました(p123)


・死以外の悲劇は、10年後に必ず人生の肥やしになる(p214)


・常に自分に課題を課していく人が、思想的貴族だ。すぐれた人間とは、自分自身に多くを課す者のことである『大衆の反逆』スペインの哲学者オルテガ(p39)


ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)
日垣 隆
大和書房
売り上げランキング: 27733


【私の評価】★★★★★(91点)



目次

第1章 基本編
第2章 インプット編
第3章 ネットワーク編
第4章 撃退編
第5章 独立編
第6章 継続編
第7章 組織編
第8章 時間編
第9章 アウトプット編
第10章 生活技術編


著者紹介

 日垣隆(ひがき たかし)・・・作家・ジャーナリスト。1958年長野県生まれ。大学卒業後、書店員、トラック配送員、TVレポーター、編集者など数々の職を経て、87年から執筆活動に入る。世界取材85ヵ国。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 : , ,



同じカテゴリーの書籍: