本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「真実の「日本戦史」―図解戦略・戦術で解き明かす」宝島社

(2011年5月27日)|

真実の「日本戦史」―戦略・戦術で解き明かす (別冊宝島 1468)

【私の評価】★★★☆☆(78点)


■日本の戦争の評価はいろいろあるでしょうが、
 戦略、戦術的に評価した一冊です。


 元寇から関ヶ原、大東亜戦争まで
 戦史に興味を持ってもらうための
 入門書として最適です。


 図解で、分かりやすい構成になっているのが
 ありがたいですね。


・ミッドウェー・・・
 我にとって敵の行動は見えず、
 敵は我の動きを逐一把握していたのである。
 情報の優越に立つものは
 常に先手を打って行動できる(p113)


■日米・日中戦争にしても生麦事件にしても、
 日本から手を出したような印象が大きいのですが、
 実際はそうでもないことがわかります。


 相手がうまいということもありますが、
 相手の挑発に乗ってしまい、
 プロパガンダで負けてしまうというのが、
 日本の傾向なのかもしれません。


・日中戦争・・・度重なる在留邦人に対する
 排斥や殺害に憤り、中国蔑視が
 既定路線のようになっている日本民衆からも、
 軍の弱腰への批判は高まりつつあった。
 それらが結局のところは上海における
 全面衝突へとつながっていく(p104)


■戦争はしないほうがいい、
 でも、戦争するなら勝たねばならない、
 戦後は、相手が悪い証拠を集めPRする。


 そうしたことがわかる一冊でした。


 防衛庁さんには、
 福島第一でも運用できるような
 ロボット兵器を作っていただきたいですね。


 宝島さん
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・戦争をよく研究することが平和を維持するゆえんである。
 その戦争の研究は戦史から学べ(リデル・ハート)(p3)


・文禄の役・・・朝鮮水軍の亀甲船と
 いわれる船の効果は大きく・・・
 蓋をして、なおかつハリネズミのように
 している亀甲船には乗り込めない・・・
 朝鮮軍の大砲にかなりの被害を受け、
 水上では敗戦が続く(p60)


・生麦事件・・・ニールとクーパー提督は、
 湾内に停泊していた薩摩藩の汽船三隻を
 拿捕し、拉致してしまう。
 賠償金よりも高価な、この三隻を質として
 交渉をしようとしたが、
 この拿捕をもって敵対行為と判断した薩摩藩は、
 ついに砲撃を決意する(p79)


・南満州は、日本が近代化の過程で
 はじめて戦った国家間戦争たる
 日清戦争・日露戦争の陸戦の舞台である。
 「父祖が尊い血を流して得た」
 との枕詞が、当時の満州を語る上で
 必須だった(p92)


・日中戦争・・・個々の戦闘において
 日本軍が中国軍を包囲殲滅した場面は
 ほとんど見られない。
 戦闘を優位に進めた場面は数多くあるが、
 いざ最終局面という段になると、
 ほとんどのケースでは敵はすでに
 戦場から逃げてしまっている(p100)


【私の評価】★★★☆☆(78点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします



同じカテゴリーの書籍: