「500人の会社が劇的に変わる瞬間」中村仁

|
500人の会社が劇的に変わる瞬間
中村仁
きこ書房
売り上げランキング: 58560


【私の評価】★★★☆☆(73点)


■著者は、
 長野県にある老舗の食品会社の
 社長を引き受けました。

 そして、最初に行なったのは、
 会社は何のためにあるのか、
 会社の目的はなんなのか、

 といった会社の理念を
 社員と一緒に掘り起こすこと。


 そのために、
 なんと500人の社員の会社で
 一年で延べ一万時間以上の時間をかけて
 理念について議論をしたのです。


・相手先ブランド製造事業(OEM)に従事している人は、
 どうしても「委託してくださる会社がお客様だ」という
 発言がほとんどでした。
 ・・・「その先には誰がいるのかな?」(p45)


■その結果として得られたことは、

 ガラスが割れるトラブルが起きたとき、
 従業員が自分の判断でラインを止め、
 そのために期限が切れた材料を廃棄した。

 「品質」が良くなって「クレーム」が激減した。

 社員が積極的に改善・QC活動を行なうようになった。


 中村さんは、これだけではなく、
 現場を歩き回ったり、
 外部から改善の講師を招聘したり、
 いろいろやられているようです。

 そうしたあらゆる取り組みが
 総体として効果を上げていったのでしょう。

 中村さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「取引先の部長から『おまえのところの軸はなんだ』
 と聞かれたんです。そこで『ウチの会社は
 A製品、B製品・・」と答えたんです。そうしたら、
 『そんなこと聞いてるんじゃないよ』と言われましてね。
 それ以上、私は何も答えられませんでした」(p101)
 

・「六S」という言葉があります・・・
 「整理・整頓・清潔・清掃・作法・しつけ」です・・
 なかでもとくに最後の二つ、「作法としつけ」を
 私は重視しています(p138)


・バランス成長戦略・・・
 量を落とし、質を上げてから
 量を増やす(p168)


500人の会社が劇的に変わる瞬間
中村仁
きこ書房
売り上げランキング: 58560


【私の評価】★★★☆☆(73点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)