本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「ブラックトライアングル」谷 清司

(2011年3月26日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラック・トライアングル―温存された大手損保、闇の構造

【私の評価】★★☆☆☆(68点)


■だれでも一度は車の事故を
 起こしたことがあると思います。


 事故後にやってくるのは、
 相手側の本人ではなく保険会社。


 示談交渉は、
 保険会社に委任されているので、
 私たちは保険会社と交渉しなくてはならないのです。


 (逆の場合は、保険会社がすべてやってくれる)


・交通事故の被害者になったほとんどの人は、
 保険制度、補償制度の仕組みも十分にわからないまま、
 保険会社のいいなりになって不当な条件で
 示談を結ばされているのが現状である(p17)


■本書を読むと、保険会社は
 適正な補償金額を提示するわけではなく、
 最初は最低限のものしか提示しないようです。


 「保険金の未払い」が
 問題となったこともありますので、


 私たちとしては保険会社を信用せず、
 自分でもよく調べて交渉する必要があるようです。


 谷さん、
 よい本をありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ある交通事故で、娘さんを失った父親に
 示談の交渉に行った時のことである・・・
 保険会社の提示する示談金は、何と最低額の
 自賠責の金額に毛が生えた程度のものだった・・・
 判断力を失っていることを幸いに詐欺のような
 示談をまとめなければならないのである(p7)


・ムチ打ち症が世の中に認知されてすでに50年
 近くが経っているが、その定義と治療法、
 いずれに関しても決定的なものは存在しない(p81)


・中立の紛争処理機関としては、交通事故
 紛争処理センター
が設立されている。通常、
 紛争処理センターに事件を持ちこみ、被害者が
 裁定にOKを出したら、保険会社はその裁定を
 絶対に呑まなければならないとされている(p118)


ブラック・トライアングル―温存された大手損保、闇の構造
谷 清司
幻冬舎メディアコンサルティング
売り上げランキング: 88481

【私の評価】★★☆☆☆(68点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: