本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「さぶ」山本 周五郎

(2011年3月 1日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

さぶ (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(74点)


■江戸の下町で修行する
 二人の職人を描いた一冊です。


 「栄二」は、利発でケンカも強く、
 勝気で、女性にモテるタイプ。


 一方、「さぶ」はのろまで
 人に馬鹿にされますが、
 着実、誠実なタイプです。


・うすのろとかぐずとか、
 手に負えない乱暴者とか云われる人間が、
 それぞれみんないいところを持っている(p276)


■その強気の「栄二」は、
 無実の罪をきせられたことから
 暴れだし、島流しになります。


 そして、その島流しの中で、
 「栄二」が人間として成長していく。


 「栄二」には常に、
 「さぶ」の支えがあって、
 一人前の職人となっていくのです。


■最初のうちは、ひねくれ屋の「栄二」を見て、
 こんなに自己破壊的な人がいるんだ、
 と驚きましたが、
 小説なので、これもまた
 最後のどんでん返しに向けたもので、
 面白いのでしょう。


 山本さん、
 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・生まれつきの能を持っている人間でも、
 自分ひとりだけじゃあなんにもできやしない、
 能のある一人の人間が、その能を生かすためには、
 能のない幾十人という人間が、眼に見えない
 力をかしているんだよ(p354)


・この世で生きてゆくということは、
 損得勘定じゃあない。
 短い一生なんだ、自分の生きたいように
 生きるほうがいい(p317)


さぶ (新潮文庫)
山本 周五郎
新潮社
売り上げランキング: 20040

【私の評価】★★★☆☆(74点)



■著者紹介・・・山本 周五郎(やまもと しゅうごろう)

 1903年生まれ、1967没。
 『樅ノ木は残った』『正雪記』など著書多数。
 『日本婦道記』で第17回直木賞辞退。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: