本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界」津守 光太

(2011年1月19日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

aとtheの底力 -- 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界

【私の評価】★★★☆☆(75点)


■本のソムリエは、英語を少々できるのですが、
 弱点はa とかthe などの定冠詞です。


 これがなかなかうまく使えないのです。
 ひとつ踏ん張って勉強しないと、
 本一冊読んだくらいではだめなようです。


 津守さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・theが「話し手同士の了解」を示す言葉だから・・・
 私がもっている本がどんな本なのか、
 私と会話をしている相手の人とのあいだに
 了解が成立していないのです。
 だからtheは使えません(p20)
 

・英語圏で育った人たちに聞くと、
 子供のころに学校で「この単語は裸ですよ」
 という注意を受けたことがあるそうです。
 「裸」とは、名詞の前に
 a, the, myといったような単語が
 付いていないことを指します(p86)


【私の評価】★★★☆☆(75点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: