本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「午後の曳航」三島 由紀夫

(2011年1月 7日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

午後の曳航 (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(76点)


■自衛隊市ヶ谷駐屯地で自殺をとげた三島由紀夫
 という人がどういう人なのか、
 興味があったので読んでみた一冊。


 単なる物語ではなく
 大人の恋愛と、少年とその友だちの確執といった
 二つの世界を楽しめる一冊でした。


■未亡人と船乗りが恋をして結婚するまでの過程と、
 息子である少年との係わりを、
 心の動きと一緒に表現しているところは、
 「うまいな」と感心しました。


 もう一つの世界は、少年たちから首領と呼ばれ
 「十四歳未満は犯罪をしても裁かれないんだよ」
 とうそぶく冷酷な少年にそそのかされる少年たち。


 新興宗教の洗脳の技術に似ているなと感じました。


■そうした冷酷な少年の発言を見ていると、
 三島さんという人は、頭は良いのですが、
 現実への対処となると
 すごい結論に到達する人のような気がしました。


 これからも三島さんを研究していくつもりですが、
 小説家としては一流だと思います。


 三島さん良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・かつて首領は、世界には不可能という封印が貼られており、
 それを最終的に剥がすことができるのは僕たちだけだ、
 と言っていたのだが。(p128)


・結婚の前提として、秘密探偵社に調査をたのむこと・・・
 彼を伴って房子の信用している病院へゆき、
 お互いの健康診断書を交換すること・・・(p119)


午後の曳航 (新潮文庫)
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 53909

【私の評価】★★★☆☆(76点)



■著者紹介・・・三島 由紀夫(みしま ゆきお)

 本名は平岡 公威(ひらおか きみたけ)
 1925年生まれ、1970年没。
 小説家・劇作家。
 『仮面の告白』『禁色』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』、『豊饒の海』
 『サド侯爵夫人』『わが友ヒットラー』、『近代能楽集』など。
 1970年11月25日自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本庁)で
 東部方面総監を監禁し、バルコニーで演説した後、割腹自殺。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: