本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「成功のコンセプト」三木谷 浩史

2010/12/31本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

成功のコンセプト (幻冬舎文庫)


【私の評価】★★★☆☆(77点)


内容と感想

■私も小物の買い物でよく使う「楽天市場」ですが、
 売り上げ(流通額)は、年間1兆円を超え、
 経常利益も500億円以上となっています。


 1997年に三木谷さんが楽天を立ち上げ、
 2000年には上場。それからたった10年間で
 1兆円を達成しているのです。(スゴイ)


・通販業界のコスト構造を調べてみると・・・定価が1万円の商品であれば、通販会社の仕入は50%・・・DM制作とその発送の費用などが25%かかる・・・インターネットを使えばこのDM制作費と発送費の25%をゼロにすることができる。(p115)


■三木谷さんのコンセプトを整理すると、
 まず第一に楽天はインターネットだからこそ
 儲かるモデルができていた。


 あとは、スピードある行動改善で、
 結果を出してきた、ということです。


 現状を常に打破していくための
 「スピードある改善」に
 力を入れていることがわかります。


・仕組化とは、まず第一に改善を続けられる仕組みを意味する。思いついた時だけ改善しようということではなく、継続的に改善できる仕組みを作っていく、ということだ(p123)


■インターネットショッピングモールは、
 楽天だけではなかったはず。


 楽天がここまで大きくなれたのは、
 三木谷さんのスピードを優先する判断が
 大きかったのではないでしょうか。


 三木谷さん、
 良い本をありがとうございました。


この本で私が共感した名言

ケネディの偉大さは、月という絶妙の目標を掲げたところにある(p60)


・楽天では掃除の業者さんを雇っていない。掃除は自分たちですることにしているからだ。・・・誰でも自分の家にゴミが落ちていたら、何の不満もなく拾うはずだ。(p165)


・社員が、この目標達成には3カ月必要だと言ってきたとしよう・・・そのデータを見た僕は、行程の中で捨てられる部分をまず探す・・・本当にやらなければならないことだけ残して行程を再編成すると、3カ月の目標なら、たいてい1週間ぐらいでできてしまうことが多い(p189)


▼引用は下記の書籍からです。

成功のコンセプト (幻冬舎文庫)
三木谷 浩史
幻冬舎
売り上げランキング: 9855


【私の評価】★★★☆☆(77点)



著者紹介

 三木谷 浩史(みきたに ひろし)・・・1965年生まれ。1988年、日本興業銀行に入行。1993年ハーバード大学にてMBA取得。1997年楽天設立。2000年上場。楽天株式会社代表取締役会長兼社長。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: