「政治家の器量―田中角栄にあって小沢一郎にないもの」赤塚 行雄

| コメント(0) |

政治家の器量―田中角栄にあって小沢一郎にないもの

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■田中角栄の成功の秘密を
 研究した一冊です。


 コンピュータ付きブルドーザーと呼ばれた
 田中角栄は、実は人の心を知る努力家でした。


■まず、人を喜ばせる。
 人を喜ばせるには、
 相手を知るだけでいいのです。


・どんな時でも、「相手」に対する気配りを忘れない。
 人のプロフィールをよく覚えたのも、その一端だ。・・・
 相手を知るは、これ、相手への好意なり。・・・
 「おお、トメさん!東京の倅はどうした?元気か」(p89)


■そして金。
 「武士は食わねど・・・」とは言っても、
 お金はあっても困りません。


・角栄は、常々、「日本の官僚は世界の先進国に比べても
 引けを取らないほど優秀なんだ。・・・
 しかし、いかんせん、給料が安い。・・
 そこで角栄が考え付いたのは、特殊法人だった(p174)


■田中角栄とはどんな男だったのか。


 もう、直接会うことはできませんが、
 その片鱗は研究する価値がありそうです。


 良い本をありがとうございました。


━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「おまえさん、料亭で一流になれる店は、
 どんな店か、わかるか」・・角栄が、ある時、聞いた。
 「それはなあ、女将(おかみ)だよ、女将」・・・
 「仲居から這い上がってきた女や、
 女中頭をつとめたことのある女が
 女将になると、成功する」と角栄。(p40)


・角栄は佐藤総理の泥を一身にかぶり、
 "懐刀"として活躍した。 
 約八年間の佐藤政権時代に、
 「角栄は三度、破産した」と言われている。
 それこそ、一銭も残らないほど、
 金を使い果たしたわけだ(p73)


・結婚式などの祝い事は・・・
 あえて出席しなくてもいいとわしは思っている。
 しかし、葬式は別だ。親を亡くし、
 配偶者や近親者を亡くして、
 本人が一番悲しんでいる。
 だから葬式には絶対出席しなきゃならん。
 そしてできるだけ早く行く。
 早ければ早いほどそれが
 誠意を示すことになるんだ(p114)


・「確かな情報が、決断を支えるんだ」
 とは、角栄の口癖だった。・・・
 情報を得るには、情報網がなければならない(p137)


・朝は、五時過ぎに起床。・・・
 午前中いっぱいは陳情を受ける・・・
 午後は、方々、行政レベルでの政治活動・・・
 十時までには帰宅。・・・
 夜中の十二時には一度目を覚ます。・・・
 一気に用事を片付けるのだ。
 資料、書類、手紙、報告書・・・
 それから、角栄の秘密の勉強タイムが始まる。・・・
 「国会便覧」に毎夜目を通して暗記・・・
 午前一時過ぎからは、
 「隠し電話の定時報告」がある。(p203)


政治家の器量―田中角栄にあって小沢一郎にないもの

日本文芸社
売り上げランキング: 98069

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■著者紹介・・・赤塚 行雄(あかつか ゆきお)

 1930年生まれ。
 社会評論家。中部大学名誉教授。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)