本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実」松井 康雄

(2009年9月14日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)

【私の評価】★★★★☆(88点)


■アサヒビールにおいて、
 スーパードライを企画した
 松井さんの一冊です。


 この本からは、
 自信満々な松井さんの
 雰囲気が伝わってきます。


 実際、社内ではかなり
 嫌われていたようです。


・本社のマーケティング部に
 樽詰酎ハイ商品化計画を提案した。
 簡単に一蹴された。・・・
 本社の担当者たちはまたまた、
 松井のヤツはとんでもない
 無理難題を吹っかけてきたとばかり(p114)


■その一方で、商品企画については
 光るものを持っていたようです。


 若い頃から、いろいろアイディアを出し、
 挑戦しています。


 そこから学んだのは、
 社内で上の地位を獲得しなくては、
 自分のやりたいことはできないということです。


・入社以来、機会あるごとに積極的に
 自分の考えを提案してきたが、
 それが採用されて実施されたことはなかった。・・・
 しかるべきポジションにつかない限り、
 自己実現はありえないとの
 考えをもつようになった。(p140)


■スーパードライの企画は、
 ラベルの一新、さらにビールの味を変えるという
 大きなリスクを取りました。


 これだけ唯我独尊、自信満々な人でなければ、
 スーパードライのような革新的なビールを
 発売することはできなかったでしょう。


・これほどわれわれ皆が反対しているにもかかわらず、
 お前はどうしてもやりたいという。
 本当にどうしようもない奴だ。
 そんなにやりたいなら、好きなようにヤレ」
 これで、社長は一切の発言を封じてしまったのである。
 かくして、一瞬にして、
 スーパードライの発売は決まった。(p230)


■どこの企業でも、
 やりたいことをやるならば、
 左遷または会社を辞めるくらいの
 覚悟が必要なのだと思いました。


 どこの会社も多くの人で構成されており、
 もがきながら、人間関係の中で仕事をしている
 ことも再確認できました。


 しかし、松井さんの自信満々には笑います。
 その自信に敬意を表して、
 本の評価としては★4つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・生産サイドの最高責任者が「大変なことなんだよ。
 でも、やってみよう」と言ったことである。
 この決断が成功への道を歩む第一歩となったのだ(p160)


・いつも「全員ミーティング」というのをやった。
 具体的には、管理職は一人ずつ個別に、一般社員は
 課ごとのグループで、全員と面談するのである。
 必ず出す質問は三つ。
 「今、どんな仕事をしているか」
 「今、どんな問題をかかえているか」
 「今、私に・・・(p367)


・コンサルタントはたくさんのヒントはくれるが、
 問題解決策は当事者しかつくることはできない(p97)


▼引用は、この本からです。

たかがビールされどビール―アサヒスーパードライ、18年目の真実 (B&Tブックス)
松井 康雄
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 32657
おすすめ度の平均: 4.5
5 悪いところもいいところも良くわかる本
4 『スーパードライ』 真の生みの親のお話
5 ドライ戦争の内幕
5 Best of ビジネス書
5 プロジェクトX!!

【私の評価】★★★★☆(88点)


■著者紹介・・・松井 康雄(まつい やすお)

 1938年生まれ。
 元アサヒビール・マーケティング部長。
 スーパードライを大ヒットさせる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: