本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「世界が愛した日本」四条 たか子

(2009年7月29日)|本のソムリエ メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界が愛した日本

【私の評価】★★★☆☆(72点)


■テレビや新聞を見ると、悲惨な事件・事故ばかりで
 日本はどうなったのだろうと思いますが、
 実は、日本は世界で最も安全な国なのです。


 同じように、テレビや新聞を見ると、
 中国は「過去の戦争犯罪を忘れるな」と言うし、
 韓国では日本の国旗を燃やしていたりしますが、
 実は、日本が世界で最も評価されている国なのです。


■この本では、マスコミでは報道されない
 トルコが好日である理由、
 日本がインドネシアの独立に貢献した歴史、
 外務省の命令に背き、6000人ものユダヤ人を救った外交官
 などの話を読むことができます。


 悪い歴史を学ぶことも大切ですが、
 日本の良い歴史を学ぶことも同じように
 大切なのではないでしょうか。


■それぞれのエピソードの中から、
 興味を持ったものについて深堀りして調べていくのも
 楽しいかもしれません。


 日本という国を理解する一つの視点を与えてくれる本として
 読んでおく価値のある本だと思いました。
 本の評価としては、★3つとします。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・駐日トルコ大使はその理由を短いコメントで表した。
 「エルトゥールル号の借りを返しただけです」(p40)


・恩人を捜し求めたユダヤ人たちが『スギハラ』を見つけ出す
 までに28年もの歳月を要したのは、
 『チウネ・スギハラ』ではなく『センポ・スギハラ』で
 外務省に紹介したため・・・『該当者なし』
 とした外務省の回答には今も疑問が残る。(p127)


▼引用は、この本からです。 

世界が愛した日本
四条 たか子
竹書房
売り上げランキング: 2824
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人として生まれてきてよかった
5 日本人という事に誇りが持てました
5 桜が咲き誇る美しい国、日本
5 母国を愛せる人こそ、他国を愛することができる
5 泣ける映画より素晴らしい史実があるってこと

【私の評価】★★★☆☆(72点)



■著者紹介・・・四条 たか子(しじょう たかこ)

 1959年生まれ。
 競馬週刊誌、骨董店、歴史小説家アシスタントを経て、
 フリーライターとなる。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
に投票する

人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
44,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト一日一冊:今日の名言

この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: