「上司の頭はまる見え」川崎 貴子

| コメント(0) |

上司の頭はまる見え。

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■女性は感情の生物といわれますが、
 その生態と対策を教えてくれる一冊です。


■まず、えこひいきをしない。

 男の場合、「目をかける」という表現がありますが、
 女性の場合、「目をかける」は絶対してはならないようです。


  ・女性はえこひいきを嫌いますし、
   不正、不公正を発見したときの
   「横の伝達力」にはものすごいものがあります。(p130)


■また、女性は成果主義では動きません。

 自分が認めた人から、認めてもらいたいという
 高レベルの欲求を持っているのです。
 (怖い!)


■私個人としては、平均的には女性のほうが
 優秀と考えていますので、この恐ろしい女性たちと
 どう付き合っていくのか悩んでいる方はご一読ください。

 「職場に女性がいなくてよかった」と思いながら読みました。
 本の評価としては、星2つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


  ・多くの女性は身近な人にほめられたいと思っています。
   ・・・ですから女性のモチベーションを上げようとするなら、
   まずは上司の口からきちんと「ありがとう」を言うことです。(p116)


  ・女性は身近な人に喜んでもらったり、
   認めてもらいたいと思う生き物・・・
   自分の名前を覚えていてくれるような共有感のある
   社長に何か指示されれば、がぜんやる気が出ます(p59)


  ・仕事のなかにゲーム感覚を取り入れて、
   数字(結果)を追い求める面白さを
   カラダで感じさせてあげること(p38)


▼引用は、この本からです。

上司の頭はまる見え。
川崎 貴子
サンマーク出版
売り上げランキング: 374
おすすめ度の平均: 4.5
4 中小企業経営者・女性部下を持つ男性上司の必読書
4 多くの男性に読んでほしい
5 男性と女性の考え方の違いが分りやすくのっています
4 衝撃、というほどでもないが
5 男性上司が衝撃を受けていました。

【私の評価】★★★☆☆(70点)


■著者紹介・・・川崎 貴子(かわさき たかこ)

 1972年生まれ。短大卒業後、パソナ入社。
 3年間の営業を経て、1997年に働く女性をサポートする
 人材コンサルティング会社ジョヤンテを設立。

─────────────────

■関連書評■
a. 「後藤芳徳の「モテる!」成功法則」後藤芳徳、講談社
【私の評価】★★★★★

b. 「ワルの恋愛術」内藤 誼人、河出書房新社
【私の評価】★★★★☆


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
banner_01.gifblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)