本のソムリエが一日一冊、おすすめの書籍を紹介します。
本ナビ > 書評一覧 >

「反論の技術―その意義と訓練方法」香西 秀信

(2007年4月14日)|

反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


■会社でもグループでも、
 方針をめぐって議論があるところだと
 思います。

 
 リーダーが決まっていれば、
 リーダーが決定すればいい。


 しかし、リーダーと反対の方向に
 持っていこうとすると、
 これは大変です。


■具体的な手法をまとめていたくと、
 もっと良い本になったかもしれませんね。


 香西さん、
 良い本をありがとうございました。


─────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「意見」というものは本来的に対立するものである(p19)


・予想される反対意見を先回りする(p66)


・○○という必読文献がございますが、
 お読みになりましたか。」などと、
 誰も知らないような本の名前を挙げて、
 若手を恫喝しようとすることがある・・・
 「その必読文献を読んでいないために、
 私の研究のどこがどのようにおかしくなって
 いますでしょうか。具体的にご指摘願います
 と言い返せばいいのである(p100)


・明日にも実行できるような計画なのに、
 わざわざプロジェクトチームみたいなものを作らせ、
 そのチームが船頭多くして船山に登り、収集が
 つかなくなってその計画が骨抜きにされるのを待つのである(p182)


反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)
反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)
posted with Amazonアソシエイト at 14.05.06
香西 秀信
明治図書出版
売り上げランキング: 31,874

【私の評価】★★☆☆☆(62点)


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: