本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「CIAは何をしていた?」ロバート・ベア

(2007年1月22日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

CIAは何をしていた? (新潮文庫)

【私の評価】★★★☆☆(77点)


●著者は、中東を中心に活躍した
 元CIA工作本部の一員であり、
 この本は、その工作活動を赤裸々に記した一冊です。


 著者は、スパイを運営するケースオフィサーであり、
 スパイの獲得から運営までの活動内容を暴露しています。


・ケースオフィサーというのはエージェントを指揮する
 CIAの幹部局員だ。・・・
 ケースオフィサーの指示で、エージェントは
 機密、計画、文書、コンピューターのテープ、
 その他何でも盗みだす(p55)


●フセイン大統領時代のイラクでの活動では、
 現在のイラク大統領タラバニ氏とのクーデター計画など、
 著者は、CIAの活動の中心となっていました。


 著者の不満は、1990年代、ソ連の崩壊に伴い、CIAが
 スパイからの情報収集よりも、盗聴、衛星写真、電子盗聴など
 人を頼らない活動に重点を置くようになったということです。


 そのために、2001年9月11日に発生した同時多発テロを
 未然に防ぐことができず、その後の実行組織の捜査も
 難しくしていると断言しています。


 ・当時も、今も、将来でさえも、写真が建物の内側、あるいは
  建物に居住している人間の頭の中で何が起きているかを
  教えてくれるということはあり得ない。それを知るには、
  人間の情報源が必要だ。(p160)


●平成16年5月に、上海の日本領事館で、一人の電信官が
 「自分はどうしても国を売ることはできない」という
 遺書を残して自殺しましたが、
 この本と同じような活動が、日本でも行われていると考えるのが
 妥当でしょう。


 情報機関の活動を知ることのできる一冊ということで、
 ★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・自分のエージェントの命以上に大切なものはない、
 ということだ・・・
 エージェントを守ってくれないという噂がひろまれば、
 再びCIAのためにスパイしようというものは
 いなくなってしまう。(p99)


・深く探れば探るほど、カスピ海諸国のオイルマネーが
 ワシントン中に撒き散らされているのがわかった。
 カスピ海諸国の大使館のファックス専用線は、
 ホワイトハウスへのアクセスを売り込む
 ロビイストや法律事務所からの提案で
 焼きついていた。(p471)


▼引用は、この本からです。

CIAは何をしていた?
ロバート ベア Robert Baer 佐々田 雅子
新潮社
売り上げランキング: 11491
おすすめ度の平均: 4.5
4 見ざる言わざる聞かざる
5 その工作員は情熱溢れる営業マンだった
5 リアルスパイストーリー

【私の評価】★★★☆☆(77点)


■著者紹介・・・ロバート・ベア

 1953年ロス生まれ。大学卒業後、1976年CIA入局。
 主に工作本部対テロ部門のケースオフィサーとして勤務。
 インド、レバノン、タジキスタン、イランで勤務。
 1997年CIAから辞任。
 1998年、CIAキャリアインテリジェンスメダルを受賞。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: