本のソムリエが人生を変えるような良い本を紹介します
本ナビ > 書評一覧 >

「「勝負強さ」を鍛える本」ジョン・マクスウェル、齋藤 孝

(2006年11月28日)|本のソムリエ
このエントリーをはてなブックマークに追加

「勝負強さ」を鍛える本

【私の評価】★★★☆☆(78点)


●成功にはいくつかの壁があると思います。


 それは、
 目的を持つ壁、
 行動する壁、
 そして継続する壁です。


・成功とは、
 1 自分の人生の目的を知り、
 2 潜在能力を最大限に発揮するために成長し、
 3 人のためになるような種をまくこと(p41)


●この本では、行動する壁、そして継続する壁を
 突破する方法について教えてくれます。


・マクスウェルも「いつもと同じことしかしない人は、いつも同じものしか手に入らない」と書いている(齋藤孝)(p17)


●成功の反対は失敗ですが、
 多くの人が失敗により挫折しています。

 つまり、失敗を乗り越えていくことが、
 成功の秘訣ともいえるわけです。


・チュレーン大学経営学教授リサ・アモスによると、起業家は事業を軌道に乗せるまでに、平均して3.8回ほど失敗するらしい。(p42)


ナポレオン・ヒルは「逆境には必ず、それよりも大きな報酬の
 種が隠されている」といいましたが、
 そうした人生の事実を知っておくことが、
 逆境を乗り越えるために必要なのです。


 そうしたことは、小さな成功体験を積み重ねることで、
 獲得できるのですが、小さな失敗体験ばかり積み重ねている人も
 いるでしょう。


 そうであれば、意識的に小さな成功体験を積み重ねるように
 意識して、自分の目指す人の真似をし、
 小さな何かにチャレンジしていく必要があります。


・作家のワシントン・アーヴィングはこんな言葉を残している。「賢人は目的を持ち、凡人は願望を持つ。小人は不運を嘆き、偉人は不運に発奮する」(p46)


●何もしなくても時間は過ぎていきますが、
 どうせなら何か自分の足跡を残してみたい。
 そう思わせてくれる一冊です。★3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・スポーツの世界では二万回練習を積むと、一つの技を習得できると言われているが、人生やビジネスにおいても同じである。(齋藤孝)(p12)


・ある美術学校でのエピソードである・・・教師はクラスを二つに分けた。そして、アトリエの左半分の生徒は作品の量によって採点し、右半分の生徒は作品の質によって採点すると告げた。・・・優秀な作品は、すべて量グループから生まれたのだ(p131)


・精神科医のカール・メニンガーは「神経衰弱になりそうだと感じている人に、どんなアドバイスをしますか」と尋ねられた・・・驚いたことにメニンガーは「自分の家に鍵をかけて外に出て、助けを必要としている人を探しなさい。そして、その人を助けなさい」と答えたのだった(p120)


▼引用は、この本からです。

【私の評価】★★★☆☆(78点)



■著者紹介・・・ジョン・マックスウェル

 リーダーシップ論の権威。企業や組織のリーダー育成、ビジネスマンの能力開発を手がける「インジョイ・グループ」の創設者。講演会、セミナーを各地で開催している。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記


この記事のシェアをお願いします

この著者の本 : ,



同じカテゴリーの書籍: