「お金持ち脳になる10の習慣―富と幸せを引き寄せる「脳のスイッチ」の入れ方」米山 公啓

|

お金持ち脳になる10の習慣―富と幸せを引き寄せる「脳のスイッチ」の入れ方

【私の評価】★★★★★(92点)


●今では定番になったようなお金持ちとの出会いから、
 成功・幸せになる法則について学ぶ一冊です。


 豪華客船クルーズが舞台になっていますが、
 著者は実際にクルーズに何回も行かれているそうで、
 その設定に思わず引き込まれます。


 先生となるお金持ちは、
 サラリーマンから独立して成功したという設定ですから、
 サラリーマンから企業家まで広く対応した秘訣を
 学ぶことができるのが特徴です。


・成功したときの感覚の想像を
 徹底的にしてみるんです。(p65)


・成功した時の感覚を脳の中で作っておけば、
 成功しても驚くことなく
 受け入れられるということですね(p67)


●特に印象に残ったのは、
 【共感】の使い方です。


 著者の主張は、人の成功に共感すれば、
 それは自分へのモチベーションになる。


・人の幸福を一緒に素直に喜ぶということは、
 自分も幸福を体験することになります。・・・
 賞賛を浴びた快感を自分も同じように
 想像してみるんです(p93)


●そして、失敗者に共感すれば、
 失敗を自分でしてしまったような効果が
 えられるという考え方です。


・共感することで、相手の辛い記憶と同じものを
 自分の脳の中に作り出せれば、
 自分の経験したことと同じように
 脳には有利な記憶になります。
 いい気味だと思っているだけなら、
 なんのプラスにもなりません。(p78)


●「愚者は自分の経験に学び、賢者は他人の経験に学ぶ」という
 ことわざを聞いたことがあります。


 賢者となるためには、本物の【共感】が
 必要ということでしょう。


 思わずクルーズの旅に引き込まれる設定が素晴らしく、
 幸せのための学びもレベルが高いので★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・予測するには、まず、実現したいことを見定めて、
  それが実現できると本気で思うことだろうね(p40)


 ・『先生さあ、生きたいよ。
  先生に看取られるのもいいけど、
  やっぱり生きたいよ。
  お金なんかいくらあっても、
  死ぬってことには勝てない。
  俺は金にこだわりすぎたのかな』。
  そう言われて、私ははっとしました。(p120)


 ・何かを決めるとき、
  できるだけ"他人も喜んでくれて、
  なおかつ自分も心地よく感じること"を
  選んでいこうとするだけでも
  全然違いますよ。(p137)


お金持ち脳になる10の習慣―富と幸せを引き寄せる「脳のスイッチ」の入れ方
米山 公啓
青春出版社
売り上げランキング: 234851
おすすめ度の平均: 5.0
5 日本人にはほっこりした成功哲学
5 本当の成功者とは
4 他人に喜ばれる形でのお金持ちになる方法
5 真の意味での 人生の成功者になるためにー

【私の評価】★★★★★(92点)



●著者紹介・・・米山 公啓

 1952年生まれ。医学博士。臨床医として患者の治療に当たりながら、
 エッセイ、実用書などの執筆から、講演、テレビ出演などを行っている


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)