「華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え」小方 功

|

華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え

【私の評価】★★★★★(91点)


●著者は中国に留学し、
 北京でひとりの大資産家と出会い、
 ビジネスのコツを学びはじめます。


 ・つまり、勝ち方はいろいろあるということなんだ。
  しかし、だ。失敗には一定の法則がある。
  それは問題を人のせいにする習慣だ。
  私の友人でも商売に失敗した人は少なくないが、
  彼らは必ず問題を何かのせいにしていた。(p84)


●その教えは、ビジネスのコツでもありますが、
 人生を生きていくうえでの
 本質的なコツでもあるのです。


 さすが華僑の知恵といえるでしょう。


 ・岐路に立たされたらよく考え、
  よく調べて十分に納得し、
  自分自身できちんと決定することが重要なんだ・・
  ひとたび決定したあとは、もうどんなに悩んでも
  さほど意味はない。悩むべきは決定する直前まで、
  ということになる(p67)


●はじめは大資産家のアドバイスが
 あまりにも的確なためフィクションかと
 思いましたが、実話ということです。


 正直驚きました。


 ・自分が思い描く、理想の人を自分の中に作り出し、
  その人だったらこんなとき、どうするだろうと、
  自問自答する習慣を作り出すことだ。
  その理想の人こそ、
  目指すべき本当の自分ということになる(p64)


●ビジネスのコツ、人生のコツを学びながら、
 中国ビジネスの基本を学ぶことができる、
 一粒で三度おいしい充実した一冊です。


 ・中華圏では何かにつけて友人を連れてくるのが習慣だ。
  彼らは、友人関係を何よりも大切にする。
  そうやって、友人のネットワークを広げているのだ・・
  友人を紹介された場合には、
  「その人を信用してもいいですよ」・・・
  という意味合いがある。(p103)


●最後まで、息切れすることなく「ほう、うむ・・・」と
 読ませてくれる充実度と、
 華僑の奥深さを教えてくれるこの本に
 文句なしの★5つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・人間の持っている可能性は無限大であること、
  そして可能性は固定されたものでなく、
  つねに変化しうるものだとういうことを
  忘れてはならない。・・自分の可能性、
  つまり自分の満点を3だと思い込んでいる人に、
  君の満点は10だよと教えてやりなさい(p112)


 ・今、ほしいと思うものが多少小さなものであっても、
  一定の努力をしてそれを手に入れることができれば、
  立派な成功体験になり、確実に自信につながる。
  その自信こそ、君が将来、本当に挑戦するときに
  必要となるものなんだよ(p59)


 ・彼ら(中国人)は恐ろしいほどの洞察力で、
  その人がちゃんと人に感謝して生きてきた人なのか、
  もしくは上司の命令や会社の都合とあらば
  平気で義理をも欠く人間かどうかを
  見抜いてしまう。(p89)


 ・重要なのは、その知識を得るための動機なんだ。
  どうしてその知識が必要なのか、ということだ。
  それがはっきりしていると勉強は
  大幅に効率化する。(p72)


華僑 大資産家の成功法則 お金がなくても夢をかなえられる8つの教え
小方 功
実業之日本社
売り上げランキング: 199920
おすすめ度の平均: 5.0
5 なるほどと唸らされる本
5 成功哲学の極意の一つ
5 人の成功の度合いの判断基準は?
5 100万を1000万に。
5 これは買い得

【私の評価】★★★★★(91点)



●著者紹介・・・小方 功

 1963年生まれ。「オンライン激安問屋」と「スーパーデリバリー」を運営
 する(株)ラクーンの代表取締役社長。大学卒業後、サラリーマンを経て、
 1992年に脱サラ。1年間、北京に留学し、現地で出会った華僑の実業家
 から起業に際しての教えを受ける。


読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)