「賢明なる投資家」ベンジャミン・グレアム、パン・ローリング

| コメント(0) |

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

【私の評価】★★★☆☆(79点)


●株式投資の世界には「バリュー投資」、つまり
 本当に価値のある株式に投資するという
 考え方があります。


 本書はそのバイブルもいえる書であり、
 初版は1949年、その後改定を経て
 本書では1971年頃に見直されたものです。


 ・投機家の関心事は、株価の変動を予測して
  利益を得ることであり、投資家の関心事は、
  適切な証券を適切な価格で取得し
  保有することである。(p3)


●本書が発刊されて50年たっても、

 「適切な証券を適切な価格で取得し保有すること」

 この常識的なことが難しいからこそ、
 株で損をする人がいるのでしょう。


 ・株価変動という要素をとらえて「危険」だとすべきではない。
  しかし、内在価値に照らして明らかに高すぎる株価で
  買ったかもしれないという危険があれば・・・
  そこには本質的なリスクが存在する(p120)


●株を買うとは会社を買うということです。


 そして株の値段は常に変動しているのですから、
 会社の価値が乱高下するというのも不思議な世界です。


 逆に将来一流企業であり続ける会社が分かっていれば、
 株の下落はバーゲンセールであり、
 株の高騰は売るチャンスということでしょう。


 ・基本的に、真の投資家にとって、
  株価変動の持つ重大な意味はひとつしかない。
  相場が急落すれば抜け目なく株を買い付け、
  急騰すれば売却するチャンスなのだ。(p192)


●株式をやろうと考える人には、
 必須の書(星5つ)でしょう。


 ただし、私は株式に投資するよりも
 自分に投資することに重点を置く
 つもりですので星3つとしました。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・実際、市場価格がパカげたものとなることは
  たびたびあるのです。
  (ウォーレン・バフェット)(p466)


 ・成功した企業ほど、株価の変動が
  大きくなる傾向にあるということだ(p182)


賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法
ベンジャミン グレアム 土光 篤洋 Benjamin Graham
パンローリング
売り上げランキング: 17041
おすすめ度の平均: 4.5
4 十分な安全域を求めて
5 株式投資の基本
5 債券価値
4 バリュー投資の教科書
4 古典

【私の評価】★★★☆☆(79点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数11,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)