「夜回り先生」水谷修

| コメント(0) |

夜回り先生 (小学館文庫)
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点


●私はこれまで2000冊以上の本を読んできましたが、
 この本は、本を読んできて、
 本当によかったと思わせてくれた一冊です。


 そうでなければ出会えなかった
 かもしれなかったからです。


●だれもが泣きながら推薦します。
 私も泣きながら読んでいました。


 だれでも子ども時代があり、
 それを経て大人になるわけです。


 私でも精神的に自立できたな、
 と思うのは4,5年前です。 
 いわんや、子どもなら。


●12年間、夜の街を歩き続けた先生の話を読めば、
 子どもに言えるようになるでしょう。


 「いいんだよ。これからどうするか考えよう。
私はおまえを信頼している」と。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・そんな花の種でも、植えた人間がきちんと育て、
 時期を待てば、必ず花を咲かせる。
 これは子どもも全く同じ(p32)


・その後少年は高校に戻り、
 日本の永住権を取得することができた。・・・
 それを思えば指一本、なかなか痛かったが、
 安い買い物だった。(p145)


・もちろん夜の世界にも愛はあるが、
 明日につながる愛ではない。
 お互いになぐさめ合いながら
 つぶれていく愛だ。(p150)


・自暴自棄になっていたある日、自分の部屋に帰ると、
 机の上にドイツ行きのチケットと
 現金60万円が置いてあった。私は興奮した。・・・
 そこには母からの手紙が添えられていた。
 「何かを探してごらん」(p150)


・「魚は勝手に腐るが、子どもは絶対に腐らない。
 それは誰かに腐らされるんだ。
 そういう子どもたちを救うのが教育じゃないか」
 彼ははき捨てるように言った。
 「できるわけねえよ」(p205)


・私にとっては「夜回り」が生きがいだ。
 「夜回り」をしないと、私は生きていけない。
 理由を聞かれると、いつも口ではこう答える。
 「子どもたちが心配だから」でも本当は違う。
 私はいつも子どもとの出会いを求めている。
 私も寂しいからだ。(p211)


・私にとって、子どもの過去なんてどうでもいい。
 今もどうでもいい。大事なのは、
 時間がかかってもいいから、
 誰かの助けを借りてもいいから、
 自分自身の意思と力で、
 幸せな未来を作っていること。そのためには、
 とにかく生きてくれさえすればいい。
 生きれば生きるほど、
 子どもたちは誰かと出会いながら、
 どんどん学んでくれるはずだから。(p217)


夜回り先生 (小学館文庫)
水谷 修
小学館
売り上げランキング: 50208
おすすめ度の平均: 5.0
5 言葉では言い表せない感動です
5 オビのコピーは不要

(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)