本のソムリエおすすめ本を紹介する書評サイトです
本ナビ > 書評一覧 >

「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」香取貴信

本のソムリエ 2003/04/04メルマガ登録
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった―そうか、「働くこと」「教えること」「本当のサービス」ってこういうことなんだ! (KOU BUSINESS)


【私の評価】★★★★☆(85点)


要約と感想レビュー

ほら、ちゃんと見て!!こんなにたくさんのゲストが、私たちのガイドに期待して、これから45分も待てくれるんですよ。


 多くのコーチングの本を読んできましたが、その中でもこの本は最高です。人の心を動かす「生きた言葉」が満載です。著者は元ヤンキーだけあって全くどうしようもない人間でしたが、その著者をここまで成長させるとは、ディズニーランドを支える人達の能力は計り知れません。


 自信過剰な著者に対し、ディズニーランドの先輩たちは、「ここには評論家は要らないんだよ。必要なのは、いつも前向きに考えて『行動できる』チームなんだよ。」と指導。「みんながいいにくいことを、きちんと伝えるのが、本当の先輩や上司なんじゃないのかな・・・。」と仕事の基本を伝えていきます。


 社員だけでなく、アルバイトにさえ「本当のサービス」「仕事の喜び」「教えること」を伝える技術がここに濃縮しています。ディズニーランドの業績は他のテーマパークに比べダントツですが、その理由をここに発見しました。


この本で私が共感した名言

・理由はどうあれ、遅刻は遅刻です。今回で2回目ですね。これは立派な契約違反なのですよ。わかりますか?(p41)


・小さいことでも見逃すとそこからバラバラになっていく・・・髪の毛の規定では、染めてはいけない、男性の髪の長さは耳にかかってはいけない(p122)


・嫌われ役は必要なんだよ!!とくにリーダーにはね!!でも、嫌われ者になったらダメなんだよ!わかる?この違い(p137)


・アトラクションで必要なことは、どんなにヘタでもいいから"一生懸命"にやることなんだよ(p172)


・"サービスは掛け算"なんだって!!・・・どこかでゼロを掛けるとどうなる?(p191)



【私の評価】★★★★☆(85点)



著者紹介

 香取貴信(かとり たかのぶ)・・・1971年、東京都生まれ。もとはヤンキー少年だったが、高校1年のとき(1987年)に東京ディズニーランドでアルバイトを始め、日々の体験のなかで「仕事」「教育」「サービス」の本当の意味をつかみ始める。1995年、レジャー施設等の現場運営コンサルティングを行なう(株)SHUU研究所に入社。ディズニーランドでの知識と経験を活かし、各地のテーマパークで「来場するすべてのゲストに笑顔と素敵な思い出を」をテーマに活動している


この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


無料メルマガ「1分間書評!【一日一冊:人生の智恵】」
まぐまぐ殿堂入り、発行部数40,000部
メルマガ登録ホームページ発行者の日記


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
>>バックナンバー
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。

<< 前の記事 | 次の記事 >>

この記事が気に入ったらいいね!

この記事が気に入ったらシェアをお願いします

この著者の本 :



同じカテゴリーの書籍: