98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「榊原英資」が付けられているもの

    「「通貨」で読み解く世界同時恐慌」榊原英資

    【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ミスター円と呼ばれる  榊原さんの一冊です。  2008年のリーマンショック、  2010年のユーロ危機。  榊原さんは、経済の中心が  欧米から中国へ移行する  プロセスと見ています。  そして、基軸通貨が  ポンドからドルに移った時のように  世界恐慌のような状況を  予想しています。 ・世界経済の中心がアメリカから中国へ移行しようと  しているのです。バブル的に拡大した中国経済が  調整局面に入り、不動産バブルも次第に崩壊の  兆しを見せています。もし...


    「君たちは何のために学ぶのか」榊原 英資

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■財務官だった榊原さんが、高校生に  10時間教えるという内容。  国際経済の専門家だけあって、   専門家なること。   語学の大切さ。   外国での戦い方。  を教えてくれる一冊となっています。 ・お金を追いかける人、そうならないために、  スペシャリストを目指すのです。お金が後から  追いかけてくるような力をつけることを  考えなくてはなりません(p103) ■外国に出れば、外国語を使えなくてはなりません。  外国の文化にあわせて、  自己主張をしなくて...


    「ドル漂流」榊原 英資

    ドル漂流posted with amazlet at 11.05.22榊原 英資 朝日新聞出版 売り上げランキング: 285735Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ミスター円こと財務省OBの榊原 英資さんの  2年前の一冊です。  長期的にドルの凋落傾向は  あまり変わっていない  ということです。  同様にユーロ危機も  あまり状況は変わりません。 ・米国債の信用度はまだ今のところ崩れてはいませんが、  これだけ赤字が毎年上昇し、対GDP比も上がってく...


    「次世代リーダー養成塾」奥田 碩、榊原 英資他

    【私の評価】★★☆☆☆(69点) ●毎年、高校生を集めて  「日本の次世代リーダー養成塾」  というものが開催されています。  今年で4回目です。  地方分権研究会から提言され、  トヨタの奥田 碩相談役が  初代塾長として発足。  現在はキヤノンの御手洗冨士夫が  塾長です。 ●養成塾では、グローバル化の進む  国際社会という視点から、  世界の中の日本を見るという話が  中心となっています。  まずは、日本の歴史、文化を知るところから  始めるべきなのでしょう。  ・みなさんがリーダーを目...


    「為替がわかれば世界がわかる」榊原 英資

    為替がわかれば世界がわかるposted with amazlet on 07.02.10榊原 英資 文藝春秋 売り上げランキング: 2956おすすめ度の平均: ミスター円と呼ばれた男 読みやすいです 為替を通じて情報戦の基礎を学ぶAmazon.co.jp で続きを読む 【私の評価】★★★☆☆ ●「ミスター円」と呼ばれた著者が、  為替市場での経験を通して、自分の思いを語る一冊です。 ●為替という世界を表現すれば、  ( 予測 )ができないということです。  予測ができないにしろ、その時、その時...


    「経済の世界勢力図」榊原 英資

    経済の世界勢力図posted with amazlet on 06.05.09榊原 英資 文藝春秋 (2005/05/27)売り上げランキング: 7,094おすすめ度の平均: 教科書的にアジア経済情勢を解説Amazon.co.jp で続きを読む (私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です) ●カザフスタンのバザールに行くと、  商品のほとんどは中国製です。  服、靴、家電製品、雑貨・・・何でもあります。  スリッパが一日で壊れるなど、安かろう悪かろうですが、  とりあえず作る能力があ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む