98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「山田修」が付けられているもの

    「間違いだらけのビジネス戦略」山田 修

    【私の評価】★★★★★(91点) ■最近、外部からプロ経営者を  招へいする企業が増えてきました。  著者も  いくつかの企業を再生してきた  プロ経営者です。  プロ経営者から経営を見ると、  他の会社の経営は  どのように見えるのでしょうか。 ・セブン&アイ、鈴木会長の次男が取締役就任・・  鈴木会長は従業員経営者という出自を超えて  振る舞っているようにみえる・・筆者なら  「李下(りか)に冠を正さず」、あるいは  「痛くもない腹を探られたくない」という  経営行動を選ぶ(p130) ■...


    「「雇われ社長」のプロの仕事術〜企業再生請負人が実証してきた〜」山田 修

    【私の評価】★★★★☆(80点) ■世の中には企業再生請負人という人がいますが、  こうした人たちはどうした動きを  するのでしょうか。  カルロス・ゴーンがしたように、  まず、何かを変えなくてはなりません。  いわゆる戦略ですね。  そのためには戦略チームを作ってもいいし、  中小企業なら社長自らが  戦略リーダーとなってもいいのです。 ・既存の顧客を満足させるには、私は、  「不」のつく言葉を探せ!と言っています・・・  不便   不満  不足  不都合  不安  不信  不可能  不良...


    「本当に使える経営戦略・使えない経営戦略」山田 修

    【私の評価】★★★★★(92点) ■企業再生請負人である著者が、  「経営戦略の本を読んでも戦略は出てこない!」  と教えてくれる一冊です。  6社の社長を歴任し、  企業を再生してきた著者だから  戦略の本質がわかるのでしょう。 ・ヘンリー・ミンツバーグ  「分析からは何も生まれない」  フレームワークから経営戦略は出てこない(p168) ■戦略本を読むと優良企業の例が出てきます。  フレームワークの説明が出てきます。  では、自分の会社では何をするのか?  と考えても何も出てこないのです。...


    MBA社長は仕事をシンプルに考える」山田 修

    MBA社長は仕事をシンプルに考える 悩まない、くよくよしない、むずかしくしないposted with amazlet at 12.09.12山田 修 マガジンハウス 売り上げランキング: 118788Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★☆(85点) ■社長経験者が語る  「楽に仕事をするためのコツ」です。  最初に、  社長はあなたにそんなに期待して  いませんよ、と言われます。  そう言われると、  ホッとしますね。 ・経営者というモノはある特定の社員に特別な仕事  -...


    「超実践的 経営戦略メソッド」山田 修

    【私の評価】★★★★★(96点) ■ポントデータジャパン、王氏港建日本、  フィリップスライティング、ミードウェストベーコ、  キッチンハウス、トーラスの  6社の社長として、    実績を出してきた山田さんの一冊。  雇われ社長として、  だいたい4年くらいで   成果を出してきたようです。  では、その手法とは。 ■山田さんはカードを使います。  カードに課題を書いていく。  ブレーンストーミングですね。  そして、書き出した(できれば20以上)  課題の中から3つの重要課題カードを  選...


    「華僑-最強の家業経営」山田修

    (評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ) ●ちょっと古い本ですが、華僑の会社に奥深くまで入り込んだ  著者の経験は重みがあります。  もし、中国で仕事をされる方には、  事前に中国の基礎知識入門書としてお勧めできます。 ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・中国人ビジネスの特徴の一つであり、彼等の基準と言えるのは、  人を信じないということだろう。「人を信じない」という真の意味は  「知っている人しか信じない」ということだ。(p21) <知っている人を増やそうと努力してい...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む