「事件現場清掃人が行く」高江洲 敦

| このエントリーをはてなブックマークに追加

事件現場清掃人が行く (幻冬舎アウトロー文庫)

【私の評価】★★★★☆(89点)


■テレビで事件現場清掃人として
 紹介されていたので
 手にした一冊です。


 自殺、孤独死、不審死で
 人知れず亡くなった方の住居の
 清掃・補修・消臭をする仕事です。


 一番キツイのは故人の体液が
 床材に染み込み
 匂いが消えないことです。


 著者は、染み込んだ部分を削り、
 表面は薬品で体液を除染し、
 完全に匂いをなくすまで処置します。


 匂いの原因は「菌の増殖」であり、
 現場では感染症への対策に
 万全を期しているとのこと。


・現場では感染症が一番怖いので、
 カートリッジ交換ができる防毒マスクと
 ゴーグル、ゴム手袋は必需品です
 目、鼻、口の粘膜や傷口から感染源が
 侵入してくるのです(p108)


■以外だったのは、
 孤独死の多くは50代の男性だという。


 女性の場合は、
 人との関わりが多いので
 発見されやすい。


 60歳以降は入院してしまう人が
 多いのではないかと
 分析しています。


 さらに、毎年3万人を超える
 自殺者がそこに含まれ、
 心を痛めているようです。


・孤独死をするのは年金暮らしの老人が
 多いと思われるかもしれません。
 ところが実際には、50~60代の男性が
 多いのです。まず統計を見ると、
 2006年に東京で亡くなった一人暮らしの
 人の数は4896人で、このうち男性は
 3379人と70%近くを占めています(p29)


■孤独死が多いという現実は、
 孤独な人が多いということであり、
 社会の構造的な課題があるのでは
 ないかと思いました。


 核家族、単身世帯が増え、
 人との交流も少なくなっている
 ということなのでしょう。


 高江洲さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・12年間で36万人以上が自殺しているという
 事実は、先進国の中で最も自殺が多いことを
 示していますが、この事態の異常さは
 10年で県庁所在都市が一つ消えてしまった、
 あるいは一日に100人近い人が自殺している
 という譬えを使うとよくわかると思います(p42)


・「家つき、カーつき、ババア抜き」などという
 言葉が流行ったおとがあります・・
 今では彼女たち自身が、一人取り残され、
 40年来暮らし続けている団地の一室で
 ひっそりと余生を送っているのです(p211)


・葬儀社の社員には原因不明の死を遂げる
 ケースが少なくないと聞いたことがあります・・
 初めて現場に行くときは、決して
 スタッフを同行させませんし、
 私自身も現場に入るときには必ず
 防毒マスクをするようにしています。
 どんな菌が漂っているかわからない現場に、
 スタッフを連れて行くのは
 あまりにリスクが大きいからです(p107)


・大家さんには、次の入居希望者があっても
 通常は五年程度、「事故物件」として
 自殺があったことを告知する義務があります・・
 長期間空室になる可能性が高いうえ、
 家賃を大きく値引きしなければ
 入居者が決まりません(p50)


・風呂場で練炭自殺を図った男性・・
 彼は奥様から責められ続けていたのかもしれません。
 「これからどうするの!どうするつもりなの!」
 今、私の目の前に立っている
 奥様の顔は夜叉の顔です。
 彼女はその顔を生前のご主人にも向け、
 今の私と同じような気持ちに
 させていたのではないでしょうか(p92)


・においでわかる故人の死因・・
 一番わかりやすいのは糖尿病とアルコ―ル
 依存症で亡くなった場合です・・
 同じように、内臓系のガンで亡くなった人の
 場合も、独特のにおいがして、
 なんとなく死因を判断することができます(p75)


・この神社には二カ月に一度くらいの割合で
 足を運び、お祓いを受けては神主さんと
 語らうようになりました。
 キリスト教でいえば懺悔をしに行くという
 感覚に近いでしょうか(p131)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


事件現場清掃人が行く (幻冬舎アウトロー文庫)
高江洲 敦
幻冬舎
売り上げランキング: 1,595

【私の評価】★★★★☆(89点)

[Amazonで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 孤独死の現場
第2章 自殺の現場
第3章 特殊清掃という仕事
第4章 天職
第5章 事件現場清掃人への道
第6章 事件現場清掃ビジネスの可能性
第7章 死のスタイル



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

>月別(2002年7月~)