「崖っぷち社員たちの逆襲-お金と客を引き寄せる革命「セレンディップ思考」」小島 俊一

| このエントリーをはてなブックマークに追加

崖っぷち社員たちの逆襲-お金と客を引き寄せる革命──「セレンディップ思考」-

【私の評価】★★★★☆(82点)


■書籍の大手出版取次トーハンから
 四国・松山の書店に転職し、
 倒産寸前の書店を復活させた実話です。


 物語形式としているので、
 出版取次ではなく銀行からの天下りと
 若干設定を変えています。


 それまでの松山の書店は、
 出版社やジャンル別に本を並べてあるだけの
 普通の書店でした。


 この旧態依然の書店を
 どう変えていくのでしょうか。


・ワンクリックすれば、欲しい本が
 翌日には届く時代において、
 街の本屋の役割って何ですかね?(p56)


■打ち手としては、お薦めの本を
 前に出して売り場の魅力の向上。


 店舗としては、
 コンビニとの共同出店。
 大型ショッピングセンターへの出店。


 新規事業としては、
 図書館の書籍納入への参入や、
 ネット販売。


 そして最も困難だったのは、
 士気の落ちた社員の
 意識を変えることだったようです。


・内容の関連性で本が棚に並べられている。
 本好きの店長が考えた本が所狭しと並べてある。
 店内を歩くだけでワクワクしてくる。
 こんな本屋は、「地域の知性の寄り処」
 と言える(p125)


■書店とは、本を陳列し保管する場なのか、
 それともお薦めの本を提案する場なのか
 ということだと思いました。


 もちろんこのメルマガは、
 お薦めの本を提案する場です。


 全ての書店が、お薦めの本を
 並べることができるようになる
 未来を期待します。


 小島さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・どんな人でも自分を大切にされたいの。
 本屋や、これを接客や品揃えで
 満たしているかしら?(p44)


・この立ち読みこそ、日本の本屋に残された
 最後の財産なんじゃないのかな?
 ただ、本を読む日本人のインテリジェンスの
 高さに本屋が甘えていられる時間も、
 もう長くはないと思う(p57)


・酒屋さんはコンビニになり、
 薬屋さんはドラッグストアになりました。
 本屋さんは、どうなっていくんでしょうね(p61)


・東京の高級食品スーパー・・
 パスタの横には、白ワインとフランスパンが
 並べてあるの。これって、物を売るのでなくて、
 ことを売っているわよね。
 生活提案と言ってもいいわね。
 本屋って、そんな提案ってあるかしら?(p144)


・川上徹也先生が出した宿題って何?
 1 人を売る、
 2 店を学校にして体験を売る
 3 社会貢献や志を売る
 4 問題解決を売る
 5 期待値の1%超え
 の5つを具体的に考えること(p148)


・独自化のためのキーワード、
 1 ファースト・ワン
 2 ナンバー・ワン
 3 オンリー・ワン
 の3つを具体的に考える(p148)


・図書館にベストセラーが何冊も置いてあるのは、
 本屋への営業妨害ですわ。
 しかも、その本は地元で買われていない。
 もう、本屋が一軒もない地方自治体が
 330にもなるそうです(p247)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


【私の評価】★★★★☆(82点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]



■目次

第1章 出向を命ず
第2章 招かれざる客
第3章 お客様は神様です
第4章 クレーム対応
第5章 従業員はコストですか?財産ですか?
第6章 逆上がりできますか
第7章 割増退職金
第8章 反撃
第9章 何によって記憶されたいのか
第10章 手のひらを返す
第11章 セレンディピティー
第12章 奇襲攻撃
第13章 退職願い



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)