「「いい人」をやめる7つの方法」緒方 俊雄

| このエントリーをはてなブックマークに追加

「いい人」をやめる7つの方法

【私の評価】★★★☆☆(73点)


■カウンセラーが教える
 おどおどした「いい人」の
 特徴と治療法です。


 「いい人」とは、
 他人から嫌われたくない人。


 確かに「いい人」なのですが、
 「自己中な人」から
 いい獲物になりやすいのす。


・世の中には、自分さえよければいい
 という「自己中な人」がたくさんいますから、
 そういう人に捕まって、
 いいように使われてしまいます(p55)


■つまり、「いい人」は
 怒らない人なのではなく、
 怒れない人なのです。


 だから、
 人から舐められる。


 怒れる人は、
 怒れる波動が出ているので、
 人は下手なことはできません。


 抑止力をもっていなければ
 相手のいいように
 されてしまうのです。


・お局さんからいいように使われたり、
 ストレスのはけ口にされてしまいます・・
 ある時突然いじめのターゲットになること
 さえあります。(p61)


■誰に対しても「いい人」でありたい
 「いい人」は完璧主義です。


 完璧でありえない人が、
 完璧を目指すと苦しくなって
 しまうのです。


 こうした「いい人」への
 アドバイスとしては、
 いい加減に生きることでした。


 気軽に聞きましょう。


 また、最近はICレコーダーに録音して
 反撃する「いい人」もいますので、
 周囲の人は注意してくださいね。


 緒方さん
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・「いい人」はいつも疲れています・・
 相手に気に入られるために、
 自分の意見や感情をひたすらふたをして、
 何でも相手に譲るのは、非常にストレスが
 たまる生き方なのです・・
 いつもびくびくしているので、
 疲れて当たり前です(p39)


・何で『いい人』になろうとするのですか・・
 帰ってくる答えは大体同じなのです。
 それは「人から嫌われるのが怖い」
 と言うのです(p40)


・「いい人」はやめられない・・
 よくわかったとしても、
 実際に上司やお局さんの前に立つと、
 体がすくんでしまいます(p88)


・うつ状態では「自分はダメな人間だ」
 という考えにとらわれています。
 それに対して、躁状態では
 「自分はすごい人間だ」という考えに
 とらわれているのです(p90)


・何であの真面目で、きれい好きな
 「いい人」の家がごみ邸や散らかり
 放題の部屋になるのでしょうか・・
 「いい人」は掃除をするのなら、
 完全にしなければ納得できません・・
 「いい人」の辞書には「適当」
 という文字はありません。
 完全にできないとなると掃除をしないで、
 先延ばしすることになります(p95)


・「いい人」の母親は不安定や厳しい
 「自己中な母親」が多いのです・・
 「いい人の奥さん」は「自己中な母親」
 「自己中な夫」「自己中な子ども」とすべて
 「自己中な人」に取り囲まれて、
 雪隠詰めの様相を呈します(p152)


・「いい人」は、100点満点の「いい人」
 でなければ価値がないと思っています。
 「厳しい母親」「不安定な母親」
 「厳しいい父親」から、そのように
 洗脳されてしまったのです(p178)


・自分の欠点や短所も含めて、
 「あるがままの自分」を
 受け容れればいいのです・・
 「いい人」は親に認めて
 もらえない自分を否定して、
 強い劣等感を持っています(p180)


・「人は自分のことはわからない」と
 よく言われます。なぜでしょうか?・・
 無意識の感情や葛藤や「~しなければいけない」
 のマイルールに支配されているからなのです・・
 意識したくないので、無意識に
 抑圧している訳ですから(p184)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png


人気ブログランキングへ


「いい人」をやめる7つの方法
緒方 俊雄
主婦の友社
売り上げランキング: 123,453

【私の評価】★★★☆☆(73点)

[Amazon.co.jpで購入する]

[楽天ブックスで購入する]


■目次

分析編
 1章 人生でつまずく「いい人」たち
 2章 「いい人」とはどんな人か
 3章 巻き込まれるトラブルの数々
 4章 「いい人」はなぜ病気なのか
原因究明編
 5章 「いい人」4人はどのように育ったのか
 6章 なぜ「いい人」になるのか
解決編
 7章 「いい人」4人のその後
 8章 「いい人」を卒業する



にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)