「すごい上司 / ついて行きたいリーダーの背中」新井健一

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

すごい上司 / ついて行きたいリーダーの背中


【私の評価】★★☆☆☆(63点)


■経営コンサルタント新井さんの一冊です。


 重機械メーカー、監査法人、
 ベンチャー企業役員を
 経験しています。


 組織の仕組みには
 ある程度の知識があるようです。


・課長は実力でなれる。
 部長は、部下がどれだけついてくるかで
 決まる・・
 役員は力関係できまる。
 後継者にどれだけ
 認められているかで決まる(p64)


■出世する人の特徴は、
 的を得ています。


 しかし、すごい上司の定義は、
 どうなのでしょうか。


 否定的な表現がやや
 ひっかかりました。


 新井さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・日本企業における出世の条件は
 「評判」だからです(p7)


・普段は物静かで、事を荒立てるのを
 嫌う上司であっても、ここぞというときに
 職場の利益を守るためのケンカができる、
 これは部下の心をとらえ、
 尊敬を勝ち得るための武器になります(p74)


・お笑いタレントの厚切りジェイソン氏・・
 日本企業の人事に関するいくつかの疑問点・・
 1なぜ日本企業では、残業が当たり前になっているのか?
 2なぜ日本企業では、会社の都合で社員を転勤させるのか?
 転居までしなければならないのか?(p92)


・日本企業の転勤というシステムも、
 欧米企業などからは疑問視されています。
 家庭に負担がかかるのはもちろんのこと、
 人的なリレーションシップが断絶する、
 中には職種を転換するような異動もあるため、
 専門性が育まれないというのが
 その理由です(p94)


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


いつも応援ありがとうございます


すごい上司 / ついて行きたいリーダーの背中
新井健一
ぱる出版
売り上げランキング: 253,805

【私の評価】★★☆☆☆(63点)



■目次

第1章 仕事のできない上司、できる上司
◎仕事のできない上司ほど、会話が足し算である。
第2章 人徳のない上司、人徳のある上司
◎人徳のない上司ほど部下の相談に乗りたがる。
第3章 女性に嫌われる上司、好かれる上司
◎女性に嫌われる上司ほど、褒めたがる。
第4章 出世できない上司、出世する上司
◎出世できない上司ほど、話を複雑にする。
第5章 部下が逃げ出す上司、部下に信頼される上司
◎部下が逃げ出す上司ほど、反対意見に長けている。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む