「コーチングのプロが教える決断の法則「これをやる!」」鈴木 義幸

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

コーチングのプロが教える決断の法則「これをやる!」 (講談社Kハード)

【私の評価】★★★★★(90点)


■コーチングって何だろう?
 コーチを雇って効果があるのだろうか?
 コーチは何をしてくれるのだろう?


 こうした疑問にコーチングのプロが、
 答えてくれる一冊です。


 これまで数多くのクライアントを
 変えてきた著者の事例を
 教えてもらいましょう。


・あなたは、どんな「チーム」をつくりたい?・・
 ・「これだけはメンバーにしてほしくない」と
  思うのはどんなことですか?
 ・メンバーにチームのなかでいちばん体験して
  ほしいことはどんなことですか?(p124)


■コーチングというと
 質問ばかりしているイメージがありますが、
 それは違います。


 感じたことをフィードバック
 することもあります。


 宿題を出すこともあります。


 叱ることもあります。


 そうした的確な対応が
 クライアントの心を動かし
 行動を変えるのです。


・けっこう部下の話を聞いているし、
 とくには問題ないですけどね」
 間髪入れずに言い放ちました。
 「話、聞いてないんじゃないですか?
 「は?」・・
 「話を聞いていない。少なくともこの瞬間、
 僕はあまり聞かれている気がしませんけどね」(p109)


■こうした具体的な
 コーチングの事例を見て、
 コーチングの本質が伝わってきました。


 質問だけがクライアントの
 能力を引き出すわけではなく、
 刺激や気づきを与えることも
 大事なのですね。


 今度は、あなたがコーチを雇ってみては
 どうでしょうか。


 鈴木さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・エッジ(境界線)を見極めると、
 すべてのことが見えてくる・・
 いま、あなたが担っている役割は
 何でしょうか?(p76)


・「一度つくった関係は、切らない」・・」
 「誤解は、とことん話して解決する」・・
 「自分をおとしめる発言は、
  必ず撤回するようリクエストする
」・・
 あなたには、人間関係の窮地を乗り切るための
 どんな"決め"がありますか?


・とにかく八人いたら、八通りのマネジメントがある。
 同じ対応をしたらだめだ。
 これだけは口をすっぱくして言ってますよ(p171)


・相手の強みを強調してあげることで、
 相手のなかに新たな言葉と意味の結合が起こり、
 行動が変わることがあります。
 ほめ上手というのは、ようするに
 そういうことができる人のこと・・(p45)


・見知らぬ100人の人ににっこり笑いかけて、
 周りが驚くくらい大きな声で「ハ~イ!」と言う・・
 このアサインメントをこなしたことで、
 「他人の表情のちょっとした変化」は・・
 「相手の内側で起こっていることがなにかを
 探るための入り口」という意味に変わりました


【私の評価】★★★★★(90点)



楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
blogranking.png
人気ブログランキングへ


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ第3位
にほんブログ村


■目次

第1部 "決める"ことは、自分の「軸」を持つこと
第2部 "決めた"人は、いかなるときも揺るがない




この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む