「自分を立てなおす対話」加藤 雅則

| コメント(2) | このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を立てなおす対話

【私の評価】★★★★★(93点)


■大きな成果を出しながらも、
 会社の中で孤立してしまい、
 不満が溜まり独立。


 その独立は失敗に終わり、
 コーチングを紹介する仕事から
 職場の問題解決に取り組むことになった。


 著者の経験談に
 いきなり引き込まれました。


 著者が若いときに
 この本を読んでいれば、
 職場への不満から独立することは
 なかったのかもしれません。


・1 自分の力で変えられることと、
   いまの自分では変えられないことを見極めること
 2 変えられることに、自らの力を
   集中していくこと(p25)


■この本では、本音の対話によって
 自分の中の不満を
 整理する手法を紹介しています。


 自分の不満を吐きだしていくことで、
 心がほぐれていく


 そうすると、その不満が、
 自分ひとりの問題ではないことに気づいたり、
 自分ができることに変化したりする。


 そうしたプロセスが、
 行き詰っている人には必要なのです。


・理不尽な問題がうまくほぐれていくと、
 「組織の中の自分」を語っているとき、
 ある地点から、そのストーリーが、
 「自分の中の組織」を語るストーリーに
 変わってくることがあります(p85)


■人の心は不思議なもので、
 自分のことを語り、
 人に理解されることで、
 心が落ち着くことがあります。


 そうなってはじめて、
 不合理を受け容れ、
 自分の問題として
 向き合うことができる。


 そのためには
 やはり対話のようなきっかけが
 必要なのでしょう。


 事例を読むだけでも、
 心が軽くなりました。


 加藤さん、
 良い本をありがとうございました。


────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・もう少し具体的にいえば、
 「実は自分も問題の一部だった」
 と自覚することです(p50)


・問題をなくそう、なくそう、とするのではなく、
 問題でなくすること。
 これが般若心経の智慧です(p56)


・相手のキーワードを広げる・・
 そうだと、どうなるの?
 たとえば・・・?
 それって、どういうこと?
 何がそう思わせるの?(p106)


・「わたしには~と聴こえた
 「わたしには~と観えた」と、
 そのまんま素直に伝える行為が、
 相手の物語を展開するのに、
 予想以上の影響を及ぼすことがよくあります(p110)


自分を立てなおす対話
加藤 雅則
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 306,606

【私の評価】★★★★★(93点)


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


この記事が参考になったと思った方は、
クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 

人気ブログランキングへ


■目次

1 理不尽な問題を抱えて働く
2 自分を立てなおす
3 問題をほぐす対話
4 対話による問題のほぐし方
5 自分の中の組織を語る―対話の実践
6 車座で対話を進める
7 仲間の智慧を借りる―車座の実践
8 絶対感覚×共通感覚


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ20.png
にほんブログ村



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)