「歯科医院地域一番実践プロジェクト」岩渕 龍正

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科医院地域一番実践プロジェクト―あなたの歯科医院を成功に導く物語

【私の評価】★★★★★(94点)


■歯科医院に特化したコンサルティングの
 現場を小説形式で体験できる一冊です。


 まず、最初にやることは、
 スタッフとの信頼関係の構築です。


 信頼関係なくして
 組織を良くしていくことはできません。


・簡単にできて、効果の高いものがある。
 それは『感謝する』ということなんだ(p84)


■保険診療に頼っている病院では、
 国家財政が厳しい中、
 今後も収入が減っていく可能性があります。


 生き残っていくためには、
 自費診療の比率を増やしていくしかない。


 そのために、
 スタッフの協力が必要となるのです。


・社会保険が赤字に陥っていて、医療費の抑制や
 保険財政の健全化が求められている・・・
 やはり、自費診療を伸ばしていくしかない・・・
 最終的には自費率45%ぐらいまでに持っていった方がいい(p130)


■医院を変えていくためには、
 仕事を変えていく必要があります。


 必要性を理解してもらって、
 通常の仕事にプラスアルファを加えてもらう。


 プロジェクトチームを作って、
 目標に向かって活動してもらう。


 院長が動かなくとも
 組織が動いてくれる仕組みを
 目指します。


・プロジェクトチームが機能しだしたら、
 院長が『こうしたい』と思ったことは
 基本的にはプロジェクトチームのメンバーに相談して、
 やってもらう
ことが大切だ(p169)


■歯科医院に限らず、
 あらゆる組織に当てはまる
 リアルな小説だと思いました。


 値段以上の価値があると思います。


 復刊を期待します。


 岩渕さん、
 良い本をありがとうございました。


───────────────────────────────


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


個人面談を始める前に、きちんと趣旨を伝える・・・
 普段、診療中は話す時間がないので、なかなか、言えないことを
 この機会に教えてほしい。
 改善できることは改善していきたいと考えています(p45)


・ホワイトボードに表にして書き出し、
 毎月、ミーティングで目標に対して、
 実績がどうなっているか確認する・・・(p146)


・スタッフとの信頼関係を修復するための秘策として、
 『ありがとう運動』をやってほしいんだ・・・
 スタッフが何かしてくれたら、
 必ず、『ありがとう』って言うんだ。(p85)


・医院の方向性を明確にし、それを具体化するための
 方法を検討し、皆の共通認識を得る場がミーティングなんだ・・・
 伸びている医院ほど、ミーティングを重要視している(p109)


・大切なのは相手の感情に共感してあげることなんだ・・・
 『そう、それは大変だったね』(p274)


・医院一体化のために、スタッフの誕生日のときは、
 お誕生日会を開くのはいいよね(p253)


・評価システム作成ポイント・・・
 テクニカルスキルは技術がどれくらいあるかってこと・・・
 ヒューマンスキルっていうのは、簡単に言えば人間性・・・
 コンセプチュアルスキルは簡単に言えば考える力・実行する力(p336)


歯科医院地域一番実践プロジェクト―あなたの歯科医院を成功に導く物語
岩渕 龍正
デンタルダイヤモンド社
売り上げランキング: 212,653

【私の評価】★★★★★(94点)

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 成功への準備
第2章 成功への階段を駆け上がれ!


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
36,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 平和です 続きを読む
  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む