「俺のイタリアン俺のフレンチ」坂本 孝

| このエントリーをはてなブックマークに追加

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方

【私の評価】★★★★★(96点)


■ブックオフの創業者が、
 またやらかした!という一冊です。


 坂本さんは、立ち飲み居酒屋+ミシュラン星付シェフ
 組み合わせた飲食店を立ち上げました。


 1万円のメニューを作っていた一流シェフが、
 同じものを1000円で提供してくれるのです。


・新業態に、立ち飲み居酒屋とミシュラン星付きシェフを
 合体させると決めた時、安田さんが、
 「じゃあ、ちょっと計算してみましょう」
 と電卓をたたきはじめました・・・
 店が4回転するのであれば、フード原価率を88%にしても
 チャラになるということです(p30)


■坂本さんの発想は、逆転の発想です。


 1回転を前提とした高級フレンチを
 4回転させることで、
 3分の1の値段で提供する。


 中古本なら本の価値ではなく、
 きれいな本を一律に買い取る。


 だれでも思いつきそうですが、
 常識をぶち壊す発想であり、
 できないことなのでしょう。


・従来の古本屋さんとは真逆に、目利きは存在せず、
 本がきれいかきれいじゃないかで、ブックオフ独自の
 価値基準、判断基準をつくろうと考えたのです。
 その一つが、仮に定価1000円のきれいな本を、100円
 で仕入れて、500円で売る
という基本です(p103)


■坂本さんでも、起業家としては、
 13戦3勝であるということです。


 成功したのは、
 中古ピアノ販売、ブックオフ、俺のイタリアン。


 坂本さんは、起業家として天才であり、
 成功されていると思いますが、
 それでも起業というものは、
 難しいことなのでしょうか。


・「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」は、
 私のビジネス人生において13戦目の事業です。
 これまでの12戦について振り返ると、勝敗は2勝10敗でした。
 そのうちの1勝が中古ピアノの販売で、
 もう1勝がブックオフです(p86)


■経営書として、起業の書として、
 お奨めできると思います。


 経営とはある意味、事業を通じて
 よい方向に人びとを導く仕事なのかもしれません。


 坂本さん、
 良い本をありがとうございました。


------------------------------------------------------------------


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・トリュフをふんだんに使用したリゾットの上に
 大振りのフォアグラを1枚載せたもの。1100円です。
 原価率62%という"じゃぶじゃぶ"掛けたもので、
 たちまちにして人気No.1メニューとなりました(p46)


・料理人のみなさんは一様にこう述べます。
 「これまで、原価率、味、労働時間など、
 妥協しなくてはならないことがあった」
 だからこそ、「『俺のイタリアン』では、
 妥協のない本物を提供しよう」(p49)


・当社では、店舗での裁量権を料理人に与えています・・・
 開店当初と比べると、生ハムの仕入れ値は2分の1くらい
 安くなりました。いい料理人というのは、おいしい料理を
 つくるだけでなく、信用のある業者さんとのおつきあいがあって、 
 きちんとしたよい材料を仕入れる価格交渉力を持っている  
 ことに気づきました(p69)


・わが社では現在、銀座8丁目に集中して出店していく方針を
 とっています・・・同一エリアに集中出店して自社間競争をするのは、
 それが切磋琢磨につながりよい効果をもたらすことでしょう(p82)


・「つべこべ言わずにやろう!」
 思い切りがなければ、新業態は怖くてできなかったでしょう。
 ・・・すべてを借金ではじめるのではないという、
 少しばかりの精神的な余裕もありました(p34)


・「古本で儲けてやろう」とブックオフを始めた私でしたが、
 稲盛フィロソフィーに出会ってから、「ここで働く人の
 物心両面の幸福を追求するために会社があるんだ
」・・・
 ブックオフコーポレーションの骨格が出来上がっていったのです(p132)


・料理人のお給料は、日本にいる料理人で、かつて
 海外で活躍して名声を得ている人でも、
 年収が600万~700万円というのが実態です(p200)


【私の評価】★★★★★(96点)



この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


■目次

第1章 希代の繁盛店「俺のイタリアン」誕生
第2章 2勝10敗の事業家人生
第3章 ブックオフがNo.1企業になれた理由
第4章 稲盛和夫氏の教えと、私の学び
第5章 「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」は進化する
第6章 「物心両面の幸福を追求する」決意表明
第7章 業界トップとなり、革新し続ける


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)