「私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと」甲斐 輝彦

| このエントリーをはてなブックマークに追加



私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと
甲斐 輝彦、大和書房、¥600

【私の評価】★★★★★(93点)


■はじめての電子ブックの書評、
 ということで身構えて読み始めましたが、
 良い本に当たったようです。


 著者は、フルコミッションセールスで
 世界一となった経験から、
 稼ぎ続ける人になるためのコツを
 伝授してくれます。


 この本を読むと、一流とは、
 高いレベルの仕事をしながら、
 常に学んでいるんだな、と感じました。


・「スペシャリスト」としての目安は、
 そのスキルで「メシが食えるか」ということだ。


■最初は、マネから入るということ。


 それも中途半端なマネではなく、
 営業であれば、トップセールスのトークを
 録音してマネる


 自分のトークも録音して、
 修正していく


 そうすることで、
 より早くより高いレベルに近づくことが
 できるのです。


・コミュニケーション力を上げるには「真似」がすべて


■この本で特に感じ入ったのは、
 事前に仕事の期待されるレベルを
 上司と合意しておくということ。


 「君に任せるよ」
 というタイプの上司は動きやすいという
 メリットがありますが、

 最後になって
 「期待はずれだった」
 と言われるリスクがあるということです。


 経験者だから語れる
 仕事の大事なところだと思います。


・要求されている水準が高すぎると感じたならば、
 この段階で期待されているラインを下げておく必要がある


■最終的には、毎日、毎日の積み重ねが
 その人の仕事のレベルを作っていきます。


 その積み重ねの大切さを
 再認識させてくれる一冊でした。


 本物だと思います。


 甲斐さん、良い本を
 ありがとうございました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・指導される中で「条件が6割そろえば行動に移せ
 という話をよく聞かされた。


・考えたストーリーに沿って忠実に行動する。
 ・・・自分で考えたストーリーの中で実行すると決めた
 「いますべきこと」を演じ続けることが大切である。


・成績のいい営業マンは人を喜ばせるスキルをマスターしている。
 そして、1人を喜ばせるのに絶対に手を抜かない。
 1人の人間の評判の恐ろしさを知っているからだ。


・ピンチ・・具体的な対応策を考えるようにする。
 さらに、「いま起こっている問題について、
 積極的にまわりと情報の共有をする」


・希少性とオリジナリティ、そして成長感のある人は、
 どこに行っても「飽きられない」。
 いてもいなくてもいい人材は、あるとき本当にいなくなる。


・「人は思うように動かない」という前提に立つ・・・
 うまくいかなかった場合のプランを用意しておく


・付き合う人を変えることが、自分を変える最善の方法


・他人の評価に一喜一憂しない


・ちなみに私は次のようことをまわりの人たちに宣言している。
  ・好きな人としか仕事をしない
  ・面倒ごとを持ち込む人の電話には出ない


・無理をしない組織は衰退する




私が世界No.1セールスマンになるためにやった50のこと
甲斐 輝彦、大和書房、¥600
【私の評価】★★★★★(93点)

Amazon.co.jp で詳細を見る


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
50,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク
関連記事

>月別(2002年7月~)