「トヨタの上司」OJTソリューションズ

| コメント(0) | このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタの上司

【私の評価】★★★★★(90点)


■( 本質 )に目を向けよ!とこの本に書いてありますが、
 本当に( 本質 )が書いてある迫力のある一冊でした。


 ・個人を責めるのは簡単。本質に目をむけよ・・・
  もし彼らにケガをさせてしまったとしたら、しくみが悪い。
  そして、しくみをつくる管理監督者の責任だぞ(p170)


■トヨタの強さは、( しくみ )があること。
 そして、( 基準 )があることでしょう。


 あいまいな努力とか、目標ではなく、
 定量的な( 基準 )を定めるのです。


 ・整理するための基準・・・「一ヵ月以上使っていないものは捨てる」と
  細かく基準を定める。・・・そもそも、基準がなければ、
  問題が見えないはずなんです。
  問題が見えないと手が打てない。(p155)


■そうした( 基準 )があるからこそ、
 問題を解決することで( 基準 )が改定され、
 さらなる改善ができるわけです。


■そうした改善を続けるトヨタの文化を育てた大野耐一氏は、
 部下を手取り足取り教育していません。


 自分の答えを部下にやらせるのではなく、
 部下に考えさせ、自ら考える部下を作っていたのです。


 ・大野さんは決して回答を言わないんです。あの人は、自分から
  『こうせい』『ああせい』と指示することがなかった。
  かならず現場の人間に考えさせるようにしていたんですね。(p15)


■トヨタ勤務40年のベテラン達の経験談は貴重です。


 トヨタ生産方式とは、手法ではなく、
 文化であり、人材であるということがわかりました。
 ★5つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・鈴村さんは『虎は死んで皮を残す。お前は何を残すんだ』と
  ゴミ箱のカンをカーンと蹴りながら叱っておられました。(p24)


 ・自分自身の上司から、『思いは口に出せ』と教えられてきたんです。
  いま、自分が知っていること、理解していることを、どんな場面でも
  いいから、口に出してみんなに伝えていけと。(p199)


 ・最後は「信念」。
  人に感謝したり、謙虚であったりしても、
  やはり自分の信念は持たないといけない。
  その信念というのは、
  「自分たちはお客さまの代弁者であり、
  トヨタのなかでしっかり
  モノを言うこと
」(豊田章男)


▼引用は、この本からです。

トヨタの上司
トヨタの上司
posted with amazlet on 07.11.24
OJTソリューションズ
中経出版 (2007/10/20)
売り上げランキング: 577
おすすめ度の平均: 4.0
4 動かすことば、動かすマネジメント

【私の評価】★★★★★(90点)

■著者紹介・・・(株)OJTソリューションズ

 2002年、トヨタ自動車とリクルートグループによって
 設立されたコンサルティング会社。
 トヨタ在籍40年以上のベテラン技術者がトレーナーとなり、
 現場のコア人材を育て、儲かる会社つくりを支援。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメントする

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • TOK: 私は咽頭がんでした がんとは老化ですか こころが軽くなりました  続きを読む
  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む