「夢の百姓「正しい野菜づくり」で大儲けした男」横森正樹

| このエントリーをはてなブックマークに追加

夢の百姓―「正しい野菜づくり」で大儲けした男

【私の評価】★★★★★(96点)


■横森さんは、農家に生まれ、
 若くしてアメリカで大規模農業の研修を受け、
 その後しばらく電気部品を作っていた変わり者です。


 ちょうどオイルショックで仕事が減ったのを機会に、
 やりたかった農業を始めました。


■昔ながらの、牛糞、稲わら、落ち葉の堆肥を使い、
 木酢液、蠣殻(かきがら)、木炭などの資材を使って
 「土づくり」に力を入れています。


 手間を嫌って、化学肥料を多く使うと、
 栄養のバランスが崩れ、硬い土になってしまうそうです。


 ・「栄養が吸収できる状態」の土とはどんなものかというと、
  実は、土壌微生物がたくさん繁殖し、
  活発に活動できるような状態のことなのである。(p28)


■農業のコツは、こうした「土づくり」に加え、
 商売としての努力が必要です。


 横森さんは、仕事の合間に卸売市場に足を運び、
 流通と販売店の情報を集め、市場が求める
 安く安全な野菜を作る努力をしています。


 ・農業経営に最も大事なポイントは次の四つではないかと思う。
  1 土づくりに投資する
  2 販売の努力をする
  3 企業的感覚を養う。
  4 コスト削減の限界まで取り組む。(p173)


■こうした努力で、スーパーとの直接取引、
 ブランド野菜の出荷を始めますが、
 やはり壁となるのが「農協」です。


 すでに「農協」は農家のためにというよりは、
 現状の組織を維持するために活動しているのが、
 実体というのです。


 ・スーパーとの直接取引も始まった。・・・
  農協の職員に「末端では差別化販売を求めている。
  農協も品質によって価格を別にするなど、
  臨機応変な対応をしていくべきではないか」
  と提案した。ところが、農協の返事はたったひと言-
  「組織を乱すことになるのでやるつもりはない
  だった。(p127)


■「農協」も「農水省」も期待できない。


 そうしたなかで、横森さんは、
 「農協」にかわる農家を支援する組織として、
 「信州がんこ村」という会社を作ったのです。


 役所と農協には、これ以上、
 民間の努力を邪魔しないでほしいと
 と感じました。


 横森さんの農業への思いに圧倒されました。
 ★5つとします。

─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・大根が一本100円だとすると、農家の手取りは30円しかない。
  残りの70円は、流通業者の利益、そして物流経費や梱包に必要な
  資材費用に消えてしまっている。(p39)


 ・農協は、農家を完全に見捨てている。・・・多くの農協は、
  農家の指導や農産物の販売といった「営農」には全く力を
  入れていない。やっていることは「共済」や「金融」。
  そして最近では、「葬祭事業」。(p190)


 ・国の農業政策もひどい。こんな例がある。
  私の近くの川上村で、国の補助金で
  個々の堆肥場がつくられた。
  このような施設は常に利用されているわけではないので、
  空いている冬に農業機械が置かれた。
  すると会計検査院の監査で、
  本来の目的以外に使われているという理由で、
  問題になった
のである。
  この話は、いかに税金の有効利用が
  妨げられているかを示すよい例である。(p239)


▼引用は、この本からです。

夢の百姓―「正しい野菜づくり」で大儲けした男
横森 正樹
白日社 (2002/04)
売り上げランキング: 131
おすすめ度の平均: 4.5
5 手を取り合って
5 豊富な経験にもとづく農業経営物語
5 優れたビジネス本!

【私の評価】★★★★★(96点)


■著者紹介・・・横森 正樹

 1940年生まれ。63年から65年までアメリカで農業研修。
 67年に結婚。電気部品を製造する。
 農業への思いやみがたく75年に専業農家となる。
 現在、「土づくり」を基本とした農業を展開し、
 研修生の受け入れなど農家の育成に尽力。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
40,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)