「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」島田紳助

| コメント(1) | このエントリーをはてなブックマークに追加

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学 (幻冬舎新書)

【私の評価】★★★★★(94点)


●テレビでよく見かける島田 紳助さんが、
 飲食店ビジネスも手がけているのは
 初めて知りました。


 しかし、これが儲かっているという。


●島田 紳助さんがビジネスをやる理由は、
 自分の能力を確かめるためだそうです。


 漫才で十分な富は得ていますので、
 自分は有能であるということを証明したいのです。


 人間は、どこまでいっても
 自己重要感が欲しいのですね。


 ・芸能界とは違う世界でも成功して、
  たまたまや偶然じゃなかったことを
  自分に証明するために
  僕はビジネスをしているのだ。(p62)


●ビジネスで失敗したことがないと
 豪語するだけあって、
 マーケティングのコンサルタント顔負けの
 知識を持っていることが伺えます。


 やはり大切なのは、
 客の目線でお店を見るということでしょう。


 ・店の場合は、客として素直な目で
  お店を見ることが、アイデアの基本になる・・・
  ある店に、とんでもなく感じの
  悪いおばちゃんの店員がいる。
  あの人が一人いなくなるだけでも、
  店の売り上げが20パーセント
  増えるんじゃないかと僕は思っている。・・・
  経営者は気づいていない。(p84)


●また、ビジネスでは、
 オーナーとしてのアイディアも大切ですが、
 それを実行する経営者も必要となります。


 島田 紳助さんは、
 その点でも人を見る目があるようです。


 ・僕が失敗しないのは、
  自分で店を経営しないからだ・・・
  飽きることなく一所懸命にやれる人を探す・・・
  こっちが惚れ惚れするような人間と
  一緒にチームを作るのだ。(p92)


●ビジネスの話でありながら、
 人生の話になってしまう。


 島田 紳助さんも歳をとりましたね。
 島田 紳助さんの至玉の人生の談義を聞きたい経営者に
 お薦めします。★5つとしました。


─────────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。


 ・ビジネスで成功している人は、概ね変な人が多い。
  いや、これは悪い意味ではなくて、良い意味で、
  極めつきの変わり者が少なくない。(p23)


 ・入社試験の面接で
  「御社のために身を粉にして働きます」
  なんて言う人もいるらしいけれど、
  それは嘘だと思う。・・・
  正確には「御社のために身を粉にして働くのが、
  自分のためになると信じている」
  と言うべきだ。(p38)


 ・ベンツも買った。フェラーリも買った。
  山奥に借金までしてサッカー場のある家も建てた。・・・
  だけど、これまでの人生で
  何がいちばん嬉しかったか?
  と問われたら、やっぱり
  「16歳の誕生日に父親が買ってくれたバイク」
  と答える。(p152)


▼引用は、この本からです。

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
島田 紳助
幻冬舎 (2007/05)
売り上げランキング: 22
おすすめ度の平均: 4.5
4 紳助流ビジネス論
5 感動しました
3 サイドビジネスのすすめ?

【私の評価】★★★★★(94点)



■著者紹介・・・島田 紳助(しまだ しんすけ)

 1956年生まれ。吉本興業所属。
 テレビのレギュラー番組に多数出演する一方で、
 喫茶店、寿司屋など複数の飲食店ビジネスを展開。


楽天ポイントを集めている方はこちら



読んでいただきありがとうございました!

この記事が参考になった方は、クリックをお願いいたします。
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングに投票する
人気ブログランキングへblogrankings.png


メルマガ「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』」
42,000名が読んでいる定番書評メルマガです。購読して読書好きになった人が続出中。
もちろん登録は無料!!
        配信には『まぐまぐ』を使用しております。



お気に入りに追加
本のソムリエ公式サイト発行者の日記



この続きは無料メールマガジン 「1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』:1ヶ月30冊を超える情報をe-Mailで」でお読みいただけます。

無料メルマガ購読 スポンサードリンク

コメント(1)

最近では、「ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する」島田 紳助を借りました。

紳助氏はお客さんのこころ模様をずばり表現している。
「なるほどそうだったんだ」とハット思うところが多々ありました。
(私も客商売なので)

コメントする

QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む